fc2ブログ
静和学院 

小さなからだいっぱい

2013/01/13
未分類 0
N中の試験後に2人が姿を現す。

見るからに押しつぶされそうな雰囲気を漂わせる。

いつものように接する。

「2人で算数の自己採点をしてみ〜」

TKOのお母様も見えた。

今日はSRのお母様も見えた。

子どもだけでなく親も不安は拭えない。

これが中学受験である。

いくら安全圏の試験とはいえ、絶対の保証はない。

当事者である子どもにとっては、

口では何と言っていても「不安」が重くのしかかる。



小さなからだいっぱいに不安を抱えている。

でも限界ギリギリまで生徒自身に抱えてもらう。

それを超えたものはオレが抱えてやる。

そしたら今度はもっと不安を抱えることができる。

もっと不安を抱けばいい。

でも決していつまでも下を向くな。

顔をあげろ。

見えるはずだ、”約束の地”

がんばれる、後少し。

今日も1歩を踏みだそう。







スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.