fc2ブログ
未分類

どうするんだろう? 

静和学院 少数精鋭の学習塾  新規入塾生募集中

中3の後期中間範囲を眺める。

T中の英語はL5まで。

一方、k中はL6まで。

K中がだとうだろう。

残り年内2ヶ月で、L6とL7とL8とLR2の4セクションは無謀だT中さん。

私立の入試は1月末。

たしかに入試の前日までに終われば問題ないのかもしれない。

しかし生徒側には準備の時間がない。

塾に行ってない生徒はどうする?

すでにうちは、文法に関しては全て解説した。

本文についてはL6まで解説済み。

今月には全て終わるだろう。

しかし学校はそうはいかんでしょ?

お願いだから、

「自分で訳せ それを宿題とする」 

な〜んて冬休みに言ってもらいたくない。

第2回の岐阜新聞テストのデータを眺める。

多北 定員280 5教科370あたりでギリ。

多治見 定員200(普通) 5教科280でギリ。

やはり従来の認識は通用しなくなっている。

このあたりのことを学校側は認識しているのだろうか?

第1回の懇談を聞いていると少しかけ離れた感がある。

昔のように岐阜新聞テストが強制でなくなって、そのあたりの情報があいまいなのでは?

絶対的ではないが、一つの目安にはかわりないはずだ。

学校の実力テストは各学校により平均点が違いすぎる。

従来の
420で多北 内申36

380で多治見 内申32 な〜んてもう通用しない。

この基準で人数調整なんてしたら、定員割れは目に見えている。

学校側は切にその辺りを踏まえて懇談をしてもらいたい。

生徒の自信を根こそぎ奪うような言い方は止めてください。


 
スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック