fc2ブログ
静和学院 

先輩としての意地

2011/04/06
未分類 0
塾へ来ると、中3のYRも来ている。

するとその隣には中2のYREが立っている。

二人が頭を突き合わせて問題をやっている。

どうやら、YREが理科の質問をしている。

「圧力の問題」

中2の後輩へ先輩が教えている。
しかしYRは理科が苦手だ。それでも先輩の意地がある。

見守ることにする。手を出す必要はない。

答えはあっている。解き方もわかっている。それでもわからない者へ教えるには自分がわかっているだけでは伝わらない。
YRが手をかえしなをかえ説明していく。

中2が4人自習に中3が1人。先輩の意地として、答えねばならない。
オレはAYNからオファーされた英語のプリントを印刷する。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.