fc2ブログ
静和学院 

深夜の勉強 最終日

2012/09/26
未分類 0
高校生の居残りも今日で終わりである。

週末は初めて、

「先生、送っていただけますが、遠いですが」

大歓迎だ。

いつもは学校帰りのため、自転車でくる。

その自転車があるため、親の迎えが必要になる。(自転車をつめる大きな車)

オレはそこまではできない、なんせ車は小さいからね)笑

それでも、自転車を置いていける週末は遅くまで勉強していったわけで。

そして一気に仲間の団結もよくなった。

お互い得意不得意の教科がはっきりしてきた。

得意な教科を不得意な同級生に解説をする光景が頻繁に見られた。

特に理系であるが。(オレは文系だからね)

それでも一気に今回は団結がました。

いい傾向だ。

みんなが大学へ向けて、ここ静和学院の教室を支配していた。

そしてこの高校生の姿を見て、中学生も名乗りをあげてきた。

「私たちも残っていいですか?」

「親御さんが許可するならかまわない。」

そして、試験中2日、深夜の2時までがんばる姿を見た。

少しずつ、高校生が影響を与えている。

とても嬉しい。

先輩を見て、あこがれて、その背中を追ってもらいたい。

「KRンちゃんたちすごいですね、私たちが中3のときでは考えられない」

と高校生からも名前を覚えられた中3がまた現れた。

そろそろ、高校生のテリトリーにKRNを誘うかな。

すでに一人、いるのが当然かのごとく、高校生に混ざっている者がいる。


高校生からも可愛がられ、会話の中に混ざっている。

近いうち、もう一人放り込みましょう!

高校生と同じ感覚で、そして先輩に気にかけてもらえたらいい。

高校生のテリトリーにまた新しい風が吹く。

静和学院の1期生は心強いんです。

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.