fc2ブログ
静和学院 

どのつらさげて学校きているんだ

2012/07/14
未分類 0
毎日毎日TVをつければ「いじめ」の番組。

いたたまれない。

しかし、びっくり仰天。

「死んでせいせいした。」

そんなアンケート結果があったとのニュース。

これが本当なら、そんな奴は取っ捕まえればいい。

少年法?

いくらでもやりようがあるだろう。

そんな奴がいる学校なんぞ行く必要がなんてない。

もし自分の子どもが・・・・

絶対に黙っていない。

人権を無視するような、人の痛みが分からぬような相手には、徹底して歯向かいます。

もちろん正規の手続きをふみますが。

上の子が2回ほど学校からの連絡で

「廊下で頭を打ったみたいでして・・・」

と電話を受けたことがある。

詳しく話を聞くと、相手にどうも非があるようでした。

それでも学校側の対応が早く、そしてうちの子も遊んでいた時のことなので

何も苦言を言い立てることはなかった。

イジメとは違いますが、こんなことでも親は我が子を守ろうと必死に思った。

それがイジメとなれば尚更である。

「絶対に守る。」

同時にもし相手がイジメと認識がない、それも前述のような暴言を吐くようなら容赦はしない。

社会的に排除する覚悟です。(過激ですが、あくまで個人の意見です)

誰がなんと言おうと、子は親が絶対に守ってやらないとならない。

そして教師と言うものも、また生徒を子と同じように思うべき職であると思う。

教師は聖職である。 まさにその通りだ。

公務員の中でも特に特別なものだという認識が一部の教師には足りないのかな。

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.