FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
76位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

世界へはばたく

現在も塾へ出入りしては、ボランティアのように高等部を教えてくれる永冶。

永冶との付き合いは小6から教え始め、かれこれ12年以上の付き合いだ。

今では酒を飲んだりも多々する。w

院生として地元へ帰ってきて、塾にPCを持ち込み(塾に寄付状態)で論文を書く。

今週は静岡へフィールドワークに!

そんな永冶が10月から年内いっぱい、イギリスのブリストル大学へ留学が決まった。

オックスフォードってな話もあったんですから。

しかしもしかしたらイギリスへ行くと同時にアフリカへ。

研究チームの一員として即戦力としてかわれているようだ。

本人は謙遜するが、地質学会のホープだ。

そんな永冶の論文などを読むとおもしろい。

知識のないオレでもわかるようになっている。

小難しい言葉を並べるのでなく、万人にわるような内容。

そうでなければ、アメリカのネイチャーなんかには掲載されないらしい。

この1年で永冶と話しているうちに、論文の掲載の審査のことなどえらい詳しくなった自分がいる。

教え子に教えられる1年だった気がする。

「先生、また帰国したら塾に戻ります。」

なんともありがたいことで。

オレに出来ることはないか?

そうだ、同級生のKくんがイギリスで働いているではないか。

連絡をすると、

「できることなら何でも力になるよ。」

と心よく引き受けてくれた。

永冶には必要ないかもしれないが、それでも何かの時にってね。

永冶とKくんをつなぐことにした。

「なんか不思議ですね。永冶先輩が、イギリスに留学決まる。そこには先生のお友達がいる。なんかそれってすごくないですか?」

先日、佐口がふと言ったことだ。

確かにそう言われればそうかもしれない。

来月の学会のブリスベンにはこれまた、看護士として働く光一(塾ではおなじみ)夫妻がいるってなものだ。

なんかわからないが、繋がるもんだ。

中3の生徒のAYKのこの夏の留学もブリスベン。

こちらも光一夫妻には何かのときにと思い頼んである。

教え子が自分の同級生とどんな出会いをするのかも楽しみだ。

間違いないく、やつらは教え子に連絡をとるだろう)笑

kくんに光一、言っておきます。

すごいぞ、教え子たちは。

自慢することしかできません。)大笑

よろしくお願いします。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

月別アーカイブ