fc2ブログ
静和学院 

楽しい時間

2012/06/24
未分類 0
facebookがつないでくれた教え子との時間。

使い方によっては便利なものだ。

午後22時過ぎから午前4時まで話し込む。

当時の思いで話から、お互いの空白の時間。

5年という年月はこれでもまだ足りないのかもしれない。

NとKが前の塾で教えてくれた永冶。

今では永冶が2当時教えてもらったことを静和学院でやっている。

この先輩後輩が今では分野は違えど院に進学し研究をすることになる。

それにしても3人ともが名古屋大学の院ってのも何かの縁だろうか。)笑

「先生、ご無沙汰しております。」

なんかNとKに先生なんて言われると申し訳ない。

2人ともえらくなっちゃってさ。

でも教え子が成長してまた会いに来てくれることがこの上なく嬉しい。

Kは去年に「作れないものはない。」と言われる企業に就職したとの報告。

「工学部はまだいいほうです、就職状況は。」

もちろん詳しくは書けないが、これまたいろいろな情報をもらたしてくれる。

Dr1のNは、来年から民間であるがこちらも新薬などの開発の研究所に就職が決まったようだ。

現在のM1の永冶が直面する悩みに相談に乗ってくれている。

あと残り半年、院で2人が会う機会が増える事だろう。

ありがたい。

オレを数えれば3世代(おおかげさかな)にわたり紡がれてきた縁になる。

こんなつながりを夢見て来た。

まさにそんな土曜日から日曜の朝方までの貴重な時間となった。

仕事を終えて、亜純(某市の保育士)とA(某塾講師)も駆けつける。

教え子に囲まれた時間はあっという間に過ぎ去る。

「また来ますね。」

「また力になれる事があったら先生、呼んで下さい。」

など、ありがたい あたたかい言葉。

これからもこんなつながりをどんどん繋げていきたいな。





スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.