fc2ブログ
静和学院 

去る者の礼儀(備忘録として)

2012/04/05
未分類 0
出会いと分かれ。

どこかしこで見たり聞いたりする台詞。

しかしなんとも、去る者の形が寂しいかぎり。

卒業する者はそれでいい。

しかし学年が上がる生徒は、そのままだとこちらは受け取る。

もちろんそれに対してお知らせも出す。

しかし、

連絡もなく去っていく。

これってどうなんだろう?

もちろん塾に魅力がないからなのですが、それでも通ったのは事実。

「ここがダメだから。」

と、ダメ出しをされる方がよっぽどいい。(というかそれを願う)

生徒はあたかもそのまま進級するかの台詞でしたからね。

だからこちらもそのつもりで準備をしている。

中学に入学してから少しでも困らないように!

新学年のテキストetc

そんなことは少し考えればわかる。

去るのなら、一言でも

「今月で。」

たった一言で済まそうと思えばできる。

それをなぜしない?

直接見て聞いてないかも知れませんが、それを子はどう思う?どう感じる?

そしてその子は将来、マネをしない保証などない。

願わくは、えらそうだが、子がそんなことを繰り返さぬことを願います。

えらそうなことを書きました。

それでも自分は絶対にそんなことはしない、そう思った木曜日の午後です。
(備忘録として)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.