FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
74位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

今年度もしんどいな

土曜日、昼をまわり塾へ来ると高校生がいるのみ。

「先生、なんか荷物が来てました。」

「ありがとう。」

ちゃんと留守番がわりをしてくれている。

あと2教科、古典と数1を残すのみ。

土曜日 日曜日、時間はある。 しかしモチベーションが難しいだろうね。


土曜日の午後は受験科の授業から突入する。

今週はハイペースで行った。

理科と社会はすでに教え終わった。

来月からの週1のペースでやらせてみた。

今日は算数の残り半分を行う。

通過算ですね。

受験科の授業が終わると同時に中3の過去問タイム。

残り3日。

さ~て、今日はH22の過去問ってことにしようと思う。

そして残すはH23のみ。

塾に毎日顔を出すものは、H15辺から巡礼してきた。

10年分は多い奴で過去問をやってきている。

少ないやつでも6年分以上はやってるはず。

おもしろいもんで国語なんぞは100点を叩く者が出て来る。

ここにきて数学も80を毎回超える生徒が半分以上出て来る。

入試の傾向をしっかりと掴んでいる。

やはりばらつきは理科。

それでも十分各受験校で戦えるぐらいはある。

願わくは内申が前期で上がっていればね、また違った展開もあっただろう。

しかし

ノート判定A

提出物A

期末試験87点(平均53だったよね) 

これでも内申5が付かない。

なんで?

何が足らないんだろうな、まったく。

今年は内申に泣かされた。

しかし蓋を開ければ、各生徒が1つ上を狙えたってこだ。

ここはさ、やっぱり受験前に後期の内申は口答で開示願いたいよな。

そうすれば塾側だった生徒にチャレンジを促せる。

煮え切らないよ。

ここ毎回愚痴ばっかりだな。

でもさ、地区の進学校が軒並み定員割れはよくない。

学校の先生もそう感じているはずですよね?

来年度から入試制度に期待しています。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

月別アーカイブ