FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1066位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
115位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

復習の復讐

金曜日、

「宿題の答え合わせから。3、-8、-4、。」

中1の方程式の計算復習問題の一幕である。

全員が揃ってしっかり解いてきた。

しかし、分数や小数が含まれると精度が下がる。

移行のときの符号ミスも多々見られる。

「ミスした問題は、書き写して、別紙にやり直す。はじめるぞ!」

アスミ講師と2人がかりで、採点&解放のポイントなどをsばいていく。

簡単と思っていた計算問題からの手痛いしっぺ返しをくらったね、中1静学生のみんな。

冬休みはもう一度、しっかりとほころびを修正していきましょう。

もちろん今日も宿題を出します。


土曜日、午前中に面談をして、空き時間があったので、塾の周辺をブラブラ散歩。

「ブラ散」って言うらしいです。

生徒から聞いていた、すぐ近くの塾を探してみる。

しかしそんな塾が見当たらない。

オレの聞き間違えかな?

機会があれば、挨拶にいこうかな~ってさ。

塾へ戻ると、生徒がいる。

「早いな。」

中1のKRNと中2のMWの従姉妹ペアが勉強している。

「社会の世界地図のポイント教えて~。」

とは、中2のMW。

17単元(1単元に問題2ページ)

17単元で34ページで1サイクル。これを3サイクル。

どうやら学校の冬の宿題。

これに取り組み始めた。授業でも時間を割くが、それ以外でやらないと・・・。

恐ろしい仕返しを学校からくらうぞ。

基本の徹底定着のつもりで、ルーズリーフ1枚に1単元。やるしかない。


土曜日の午後から、中3の受験生もぞろぞろ顔をそろえる。

「先生、過去問下さい。」

「そこに置いてあるからもっていけ。できたら提出。」

「先生、これなんですけど~。」

受験生からの注文が矢継ぎ早に飛んでくる。

「注文の多い料理店」

わけもなく思い浮かんだ。)恥

午後の自習に顔を見ていない中3を夜は向かえ、受験勉強が土曜の夜、塾の教室を支配していった。




今週の日曜日も塾の自習室は開放している。

オレは、あさっての火曜からの2学期期末テスト私立S中1のAYKに時間を割いていく。

ここまで大半を本人に任せてきた。

どこまで到達してるのか、確認していく。

国語は

故事成語・百人一首の確認から。

百人一首を口頭試験をして、音読させる。

「声に出すこと。」

教室内に奏でられるリズム。

受験勉強の中3のお嬢さん方は一向に気にしてはいない。

当たり前だ。

勉強しているときに奏でられる音やリズム。

これは耳障りにはなりはしない。

むしろプレッシャーがかかる音だ。

中1のAYKの勉強姿勢が、中3へ圧をかける。

「負けられない。」

中3の緩みかけた気持ちが、今一度引き締まった瞬間だった。

まだまだ10時間を越える勉強に完全燃焼できない中3が多い。

それでも、塾の教室に居座り続けることはできるようにはなった。

AYKは国語終わると、英語へ舵を切る。

「先生、単語お願いします。」

日曜日、塾を最初から最後まで支配したのは中1のAYKだった。

拍手のクリック、よろしくお願いします。

重ねて、ホームページも見てくださいprz




静和学院

http://seiwagakuin.com


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

月別アーカイブ