FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
148位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

やるべきことをやってもらう

小学生の授業をしていると、中3が姿を現す。

固まって座ろうとするのを

「離れて座れ」

と、奥から叫ぶ。

どうしても自ら追い込めない。

早く来て時間を確保するなら、一人で集中してやるべきだ。

座ってすぐにテキストを開かないので、

「来てから何分経過した?」

と、これまた嫌みなことを大声で叫ぶ。

まったく、すぐにやらんかい。

祝日の休みにやってみたらと渡したテキストに手もつけていない。

どこまでお膳立てすればいいのだろうか?

苦手だと言うから、選んで渡したのだが、やらないやつは知らんぞ!

その気配をさすがに感じたのか、指定されたテキストをやり始める。

これで今日の確保した時間は潰れまっせ。

夜の授業は、復習なんぞできない。

年内に数学と英語は、終わらせるつもりだ。

授業は授業で、やるべきことをやってもらいます。

ってな、木曜日の始まりだった。

夕方からピリピリした雰囲気が教室を支配する。

そのおかげか、授業はスムーズに流れる。

一人ひとりに、少しずつ導入をしていく。

中2には合同の証明を

中3には相似と比の関係を。

そんな中、やはりひとり気をはくのが中3のTKM。

先週末に県外の私立の過去問を解いて惨敗。

こと数学は、最後の大問で三平方や相似を駆使しなければ解けない問題。

どうしてもそれを解きたいらしく、ひとり先取りの授業を申し出る。

その心がけよし。

昨日までに中3の数学の内容をやり終えた。

まだやっただけだろうが、これで過去問の数学に向き合える。

解説をしても、理解できるはずだ。

明日、第2回目の過去問として2010度と対峙する。

その他の中3は、現在までに教えた範囲で5教科勝負できる。

今は弱点の単元をつぶす作業が必要となる。

中2は割とスムーズに証明に慣れてくれた。

そろそろ難しい問題に取り組むことにしようか。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

月別アーカイブ