FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
233位
アクセスランキングを見る>>

先生大丈夫なんですか?

とは、生徒のコメント。

「はい、大丈夫です。」

心配はいりません。

なんとか、頭の痛みも昨夜、早めに寝たのでとれました。

風邪ではなかったのでしょう!

それに休みをとると自分の中の何かが鈍る。

受験へ向けて生徒が身を削るように、

己も研ぎすますべき気持ちがある。

家族には申し訳ないが、それが仕事である。

家にいればその気持ちがどうしても鈍るんです。

明日の妹の結婚式を最後に、今月は休みません。

宣言しておきます。

追い込まなければ生徒へ示しがつきませんしね。

最前線で身体をはるのを見せつけるつもりです。

受験生である中3が頑張っている以上、塾先として当然かと。

もちろん受験生以外の静和学院の生徒もがんばっている。

それも知っていますからね。


15時半過ぎに駅を出ると、見知った顔が。

高1のYRKにHNKが美濃焼祭りの案内所に座っている。

「がんばってるね?」

「先生もこのチラシどうぞ。」

といただく。

多治見の北の方で、美濃焼まつりやっている。

家のお手伝いをしている2人。

「先生、もう少ししたら塾へ行きます。」

「あ~待っている。」

家のお手伝い、中々できるもんじゃない。



塾へ着くと、すぐにドアが開く。

「先生、後で宿題やりに来ます。」

と、元気に宣言して帰っていったのは小5受験科のTKOである。

どうやら今日も塾は少々賑わいそうだ。

自ら来るのを拒みはしない。

きっとYRは駅伝大会を終えてからやってくる。

そうやって生徒が身を削って作り出した時間を塾で過ごしてくれる。

ありがたいことだ。

やっぱり

「なんちゃって塾頭」

でも、 頭は頭。

お前が一番がんばれ!(備忘録)


スポンサーサイト



コメント

Secret

SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院