fc2ブログ
静和学院 

3年後を考えて!

2021/02/11
未分類 0
公立を希望して生徒


「早く社会に出たい」
それもいいだろう。本人の意思。
ならばと、工業の方が商業より合っていると思いそう伝えた。
ただ私立の滑り止めとしては、市内だと工業の代わりとなる学校はなく普通科になる。商業の代わりはあれど、工業なら代わりはない。
私立の合格発表の日なら夕方
めずらしく気持ち早いぐらいに塾へきた。
「先生これ」
私立の試験通知の封筒だった。
まさか持ってくるタイプとは思わなかった。
もちろん合格だ。
持ってきてくれた生徒の通知は、本人の許可を得てコピーして壁に貼る。早速承諾を得てコピーしてはる。
その深夜、メールがくる。
「工業の受験をやめて、私立に行こうと思うのですが、先生どう思いますか?」
よっぽどの覚悟のメールだったと思う。
それも深夜だ。
色々考えたのだろう。
数時間後には塾で顔を合わせるのにな笑
少し長い、いやかなり?長い返信をする。


次の日、いつもなら本音を自分から言わない奴が、真剣にあれこれ自分のことを語る。それにあいづちを相槌をうち、応えていく。
個人的な意見を言って、後は本人に委ねるしかない。ご両親との話もある。


昼ごはん休憩の後、お母様と一緒にやってくる。
昨夜の合格した日のできごとを聞くことになる。
詳しくは書けなくとも、少し遅いかもしれない。それでも遅くないとも言える。どちらでもいい。真剣に3年後を見据えて決断したんだ、応援するよ。3月まで受験勉強が嫌で私立に決めたわけでもない。塾に残り、ほかの私立推薦者たちと高校数学と英語をやるとのこと。いや、なかなかに塾先には衝撃的なことだった。でもいい意味でのだ。なんか1日で急に人はこんなに変わるんかと思った日だ。

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.