fc2ブログ
静和学院 

読解力

2020/02/29
未分類 0
過去問もいよいよ終わりに近づく。

H29を終え、あと残す所2年分。

そんなか、H29年度の国語で一人満点がでた。

決して、1度やったってことはない。

今までも90以上をコンスタントに叩き出してはいたが。

他の生徒も、今年は国語ができる。

これは嬉しい誤算。

漢字と文法と古典のみ、ピンポイントで指導しただけと言っていい。

毎年思うのだが、理科と数学の点数が動き出すと途端に国語もハネ上がる。

根拠があるわけではないのだが、昔からそう思っている。

理科の長い実験考察を読んで設問を解く。

数学の関数や確率問題で、条件を理解し問題を解く。

これらのことを丁寧に取り組み始めると、国語も上がる。

文章を読んで理解する

ただ読むだけでなく(読書)、読解力なのだろう。

国語が安定している生徒は、少し安心する。

残りの教科は、努力が反映されやすい。

明日は、両校舎で入試プレ。

本番と同じ時間・時間割で1日を過ごす。

予想問題を解いていく。

終わり次第、直しをする。

いよいよ、最後の追い込みをする。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
orihomot
Admin: orihomot
静和学院のブログへようこそ!
未分類