fc2ブログ
静和学院 

中3は不本意だが先導、高等部のフィードバック形式はこのまま続ける!

2018/12/19
未分類 0
強制的にやらせるのは不本意だ。

正直、これで点数が上がっても嬉しさが半減なのだ。

特に受験生についてはね。

それでも、合格は当然と思われるのも確か。

難しい。

現在、多治見と勝川で

先輩が後輩に授業後または授業日以外で教えることをやっている。

塾先が解説した&教えたセンター対策なり模試過去問を後輩にフィードバックするだけ。

先日この結果なりが少しはわかるかなという、模試が返却。

結果はとりあえずwin win の関係です。

先輩は、後輩に指導した教科で大幅にUP!

後輩も同じく。

具体的に言うと、勝川の高1の女の子は、全統模試で数学が中の下から一挙に学年1桁

全国偏差値も一挙に65まできた。

久々に笑顔にさせてあげられた。

「先生、数学がやばいことになりました」

「難しかったか? どれ」

「いい意味でヤバすぎです)大笑」

俺が望む形はこちらなのだ。




毎週のように授業を受けたら復習する。

それが定着しない今年の中3

でもどうせなら、後輩もいい復習になるものをと考える。

いっしょに復習ができる範囲まではやろうってね。

講師は来てもらってもすることがないかもしれない。

苦手な生徒の近くで、サポートにまわってもらえたらと、お願いする。

冬は可能な限り、全学年いっしょにできるとことは合同授業です。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.