fc2ブログ
静和学院 

受験〜夏休みに向けて

2018/06/22
未分類 0
2期制のはがゆさ。

夏休み入る日に期末試験の範囲が発表される。

そして8月28日で夏休みが終了。

その29日に登校して、30 31に期末だ。

8月のお盆あけからは、期末の勉強に切り替える。

ゆえに、実力を付けるための演習は、夏休みに突入してからだと足らない。

毎年のはがゆさ。

全員が中間が終わった今晩から、早速夏の助走にはいりたい。

しかし、あと1ヶ月ばかりは学校の授業も進む。

それもかなりスピードが上がるはずだ。

例年になく各学校が遅い。

数学などまだ平方根に入ったかどうか。

社会は第2次世界大戦が未履修。

理科は化学が終わりやっと遺伝。

英語は未だにL3の途中。

生徒からは、塾は早いとの言葉)笑

早くはない。

昨夜話した通り、年内には各教科すべて終わらないと入試に間に合わない。

2月初旬から私立入試なのだ。

学校は、7月の半月と何内の4ヶ月で公民をどう授業するんだろね?

入試は待ってくれない。

それに模擬試験は御構い無しに出題されてくるはずだ、未履修範囲が。

年々、入試と学校の乖離が大きくなっっている気がする。

困るよなと、毎年一人愚痴る。


今晩は、中3は学校のワークをやっつける作業にする。

平方根の範囲は、すべて教えた。

あとは、各自がトレーンングするのみだ。

期末のメインだろう。

塾としては、来週から2次方程式に入る。

理科は、生物の遺伝を片付け、様子をみて物理分野の運動へ。

社会は、公民に突入する。

あとで、かわいそうな思いをするのは生徒だ。

英語は、本文はプリントで補助し、夏休みまで中1中2の復習をしつづける。

中3は、中体連との兼ね合いもある。

しかし、夏休みまでがふんばりどころだ。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.