FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1066位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
115位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

4月も後半。今年も飛び学年)笑

季節外れのインフルエンザからの復帰

これで中3がそろった。

一挙に因数分解のまとめにはいる。

来週いっぱいで演習をさせて、GW明けから平方根へ突入。

そして理科もイオン化傾向へはいる。

社会は第2次世界大戦だ。

新中1の英単語で苦戦するのがYだ。

「漢字も苦手か?」

「苦手です。」

やはりか。

このあたりの反復練習を家でやってもらいたい。

しかし嫌いなことでもあり単調な作業になってしまうことが多々。

つまりは書くだけ。

それでは意味がない。

練習の仕方を教えるが、なかなかに進まない。

それでも一歩ずつゆっくりとでも進まないとね。


新高1のスタサポが返却。

Nの結果

数学 学年1位

英語 学年1位
ときたが、国語でやられる。

総合学年2位

上々のすべりだし。

新高2のRも含めて、T高校の数英の学年トップを占める。

数学は悠斗(名工院1)のおかげだな。

新高1のNは、新高2の数学2Bの授業と化学基礎にも放り込む予定。

あとは、部活との兼ね合い。

そして今年1年は英語が重要課題。

どこまで高校英語というか単語をつめきれるかだ。

数学1Aは、すでに昨年と春休みで全て教えこんでいる。

定着は学校の授業でしていけばいい。

今年も数学は1年前倒しで静和学院で進めてもらい、来年への貯金を作る。


小学生の5年からいる生徒は、1年ほど前倒しできる生徒がでてくる。

現在小6のKも、新中1の数学と英語は同じ授業を受けていく。

学年など関係ない、やれるならどんどん先に進めばいい。

さて、次は誰が次のステージに上がってくるかだ。 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

月別アーカイブ