fc2ブログ
静和学院 

気が滅入ったときこそ踏ん張る

2016/10/22
未分類 0
危機感のなさに一人イライラする。

全員とは言わない。

危機感のない生徒に限り言う。

「頭がいい奴はいいよな。」



違う。

お前がやっていないだけだ。

頭がいいとお前が思っている奴は勉強している。

自分でも学校でもそして塾で言われたことも。

わかってないはずがない。

なのに、自分は頭が悪いからとかたずける。

復習を命じても案の定やってこない。

同じ問題を次にやるとやれてない。

この時期にもなりまだエンジンのかからないなら、

指定された進路を受け入れろ。

選択の余地はないのだから。

昨夜俺が吠えた。

俺だけでなく卒業生である講師も吠えた。



負の気持ちを原動力に高校英語に入る。

ピリピリとしているが、英文解説後には吹っ飛ぶ。

ここ4ヶ月ほどまったくと言っていいほど英文に対応できない日々が続く。

しかしついに動く。

前回、たしかに今までに比べれば簡単な文意だったが的を射るようになったと俺は感じた。

しかし、今回たしかに手応えを感じる。

高1入学時から長文に触れさせてきた。

その都度、長文の単語を抽出して覚えさせてきた。

ようやくボキャブラリーが付いてきた証拠だ。

「なんか読めるかも」

そうだ、やっぱりそうか。

今日のテーマは「うそとゴシップの違い」

その英文に対し選択肢を全て正解し訳も形になってきた。

府立大の英文をあらかた大意がとれている。

後は継続のみ。

1年でなんとか単語&英文に対応させる。

後は忘れない程度にしルーチン化する。

そうすれば理系教科にもっと時間が割けるはずだ。

効果は出ている。

全統も長文総合でしっかりと取れている。

偏差値66 まずまずの仕上がりだ。

くどいがもう一度言う。

最低限言うことさえやってくれれば結果は出す。

俺は一人ひとりに違う指示を出す。

それすらやってもないのに勝手に己に見切りを付けるな。











スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.