fc2ブログ
静和学院 

とどかない思い、塾頭だって凹む

2015/01/13
未分類 0
適当にただテキストにある年表を打ち込んでいるわけではない。

各学校の過去問を数十年間かかさず解いてきて蓄積された知識。

それをもとに打ち込んだ社会プリントなのだ。

配布したプリントはたかだか数十枚。

多い? ふざけるな。

教科書3冊分をそれだけにまとめたのだ。



なぜにそれを完璧にしよとしない。

とくにH24の過去問なんて、渡したこれだけ年号100ができてりゃ全部正解。

時代並びかえができない生徒が多いからと作り上げた改訂版!

それなのに全滅って。

「覚えられも〜ん、年号なんて」

と小さな声が聞こえた瞬間、瞬間湯沸かし器になったがこらえた。

昔ならつまみ出して外へ放り出すところだ。

しかし今ってそれをしても、効果がない。

粛々と言い放つ。

「おまえが望む学校へ行くには必要な知識だ。オレにはこれ以上、社会のプリントを現段階でさらにコンパクトすることはできない。」

下を向き沈黙、言葉はかえっこない。

教室が静まり返る。





「先生、ようおこらなかったね。優しすぎだよね」

とは高校生からの言葉。

散々怒鳴ってきた。 

散々言ってきた。

もうそろそろ各自が自覚してもらわねば困るのだ。

やつらだけが受験生ではい。

他にもいるの。

オレはできることをただひたすらする。




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.