FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1066位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
115位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

effort

一度は辞めた。

でも辞めた数ヶ月、勉強できたか?充実していたか?

違った。

辞めたときは、自由に時間が使える。

そう思ったはず。

でもそうはならなかった。

もてあます時間。

ただただ、無駄だと思う時間が増えていった。

でもその充電期間があったから、今日があったと思う。


今日、東海大会の水泳競技で、生徒が予選を通過し決勝へ。

予選タイムは、全国大会の基準タイムを上回り、全国への切符も手に入れた。

本当におめでとう。

彼女は言った。

「一度逃げたから、もう次はない。自分の意志で戻った水泳競技。私は私、水泳も塾での勉強も両立させてみせる。」

そう言って、一度あきらめかけた水泳に復帰し、見事に今日、結果を残した。

勉強も水泳を辞めた時期より格段によくなった。

急がしすぎるのはよくないと思う。

しかし限られた時間は、有効に使おうとする確率が高いのもまた事実。

彼女は、

「今の自分は忙しい中のほうが、限られた時間という拘束があったほうが、よいと判断したのだ。」


そんな彼女から夕方、メールでもなくLINEでもなく、携帯にイン!

「先生、全国に行きます。 ありがとうございます。」

中3の授業中であったが、かまわず出た。

少し涙が出そうになった。

部活の後、数十キロ泳いだあとも必ず塾へ来ては、勉強する姿を見ていたからね。

体調を崩すこともあった。

それで親御様には迷惑もおかけした。

それでも彼女は、塾を辞めることなく、継続しつづけてくれた。

そんな彼女の勉強している姿は、塾生の誰しもに影響をあたえてくれた。

彼女のモットーをまざまざと見せつけてもらった。

努力はいつか、必ず報われる。

KRNへ
おめでとう。 
 







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

月別アーカイブ