fc2ブログ
静和学院 

ほっといても稼働できるようにならないかん

2014/02/11
未分類 0
午後3時、塾へやってくる。

別に授業があるわけではない。

本来、休みなら遅くても午後一には来るがあえてずらした。

昨日、

「明日は祝日でお休み、でも教室は開けておく。特に中1と中2は期末が近い。自習として使っていい。」

そい言い放った。

高3や中3が授業に関係なく、自習に来るのはこれ当然、受験生。

高3は朝から晩までいるので何も言う必要はない。

問題は中学生だ。

中3も含め、まだまだ甘い。

塾に10時間以上滞在するものがいないのだ。

強制するつもりはないが、それぐらい当然だと思っている。

今の高校生の先輩らは、中学生のときなんぞ、朝から晩までいた者が多い。

だから今の現状があるのだと思う。

毎回の祝日や休みの日をそうしろとは言わない。

でもさ、受験の中3、そしてテスト前の中1と中2、この時期ぐらいは必死にやらないといけないのではないか。

誰のためでもなく自分ために。

本日、何人いるだとうと来てみたら

珍しい顔ぶれは1名だけ。 

あとは、いつも自習には来ている者だけでした。

あ〜あ、まったく伝わってないのかね。

少し凹む。

でもでも、きっと来れないだけで、家でやってるんだろうな、うんそうだような。

明日、ワークの進捗状況を楽しみにしておく。

珍しい顔ぶれは中2です。

目の前に陣取るオレ。

マンツーマンの英語が始まったときの、苦笑いが印象的な建国記念日である。



スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.