fc2ブログ
静和学院 

最後のセンター国語対策

2014/01/12
未分類 0
IMG_0658.jpg



今日の5時間で、国語の授業はセンター前は終了!

午後3時、さしいれのシュークリームを食べている風景。

IMG_0659.jpg


午後4時過ぎ、静和学院1期生の総仕上げ、国語の予想問題が、3年間担当してくれた講師の号令で始まる。

3年間担当してくれたのは、以前の塾で小6から中3 静和学院を立ち上げ、高1の終わりから3年まで教えてきたS先生。 

教え子の中でもけっこう長い付き合いになる。

かれこれ10年だからね。

はっきりといって、Sの国語は、予備校でも通用するような授業だろう。
知識でなく、教えるときの例えが非常に生徒に興味を持たせるのがうまいのだろうね。
とにかく印象に強く残る。



中学の頃から、本をずーっと読んでいる生徒だった。

何度か本を貸したこともあった。

大学になってっからは塾を何かと手伝うようになってくれた。

だから安心して任せられた。

なんせ、小6からずーっとオレを見てきたんだ。

授業の仕方は当然、解説の仕方、例え方、癖などなど、全てを知っているだろうから。

もちろん、まねごとなどは期待していない。

好きなように、アレンジして、思うように教えてくれたらいい。

そうお願いして任せた高等部の国語担当。

その最後の授業である。

高等部3年にはもちろん、思い入れはある。

しかし、その特別な思いのある学年を、S先生が担当してくれたことがね。

おかげでさまで、理系の生徒も古漢が得意になったんだから強みだね。ありがとう

80分の試験後、最後の解説、オレも一番後ろでS先生いやMちゃん(生徒時代の呼び方)の解説を聞くことにする。

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.