fc2ブログ
静和学院 

今年は一人しかいないがね

2013/12/01
未分類 0
小6のことだ。

この1年間、一人旅を塾でしてきた。

国語と算数と英語をコツコツと進めてきた。

春や夏などは、中学の数学を教えてきた。

資質もあるだろうが、塾の中では典型的な女の子である。

偏見って言われるかな。

とにかく、言われたことはきっちりやってくるのだ。

わからない問題は、しっかりとチェックしてきた、必ずだ

「先生、宿題のこれとこれがわかりません。」

と言ってくる。

ここ数年でこれほどまでに教えやすい子はいなかった。

そして何より知識への欲がいい。

それに苦手なことから逃げない。

けっして、他の生徒がダメだと言っているわけではないのでご容赦をorz

日曜日の今日、いつものよに自習している生徒を眺めながら一人PCnの前へ。

この小6の女の子が、4月から積み上げてきた英語のプリントをかき集める。

高さにて15㎝はあるか。 これでもあくまでプリントだ。

普段はノートにやっているので、半分もない。

ノートは1年で9冊目が終わろうとしている。

これだけ書けば、この子の性格?正確もわかっていただけるだろうか。

そのプリントの間違えた問題を一挙に打ち込んで行く。

A4プリントにフォント10でビッチリ数十枚のプリントの出来上がり。

これは今月の冬のプリントとして使う。

いつもそうだが、間違えた問題やよく出る問題をプリントにまとめている。

これは中学生にもしている。

そして全員に渡すのだ。

少しでも効率よく少しでも弱点補強にとだ。

当り前か。

しかし配ったはいいが、やってない。机に忘れて行く。 カバンの中でぐちゃぐちゃ。

これが一番つらい。 なんとかならんかね。

おっと脱線しました。

小6のお嬢さん、来月英検5級に挑戦!

もちろん余裕の合格であろう。

マークだから? いいえ。

4月から文法はもちろん書きを中心に教え込み、発音も仕込んできた。

狙うは、「合格はもちろん、満点合格。」

現在最高点は45点。 あと5問である。

リスニングは問題なし。

このままでいい。

並びかえも、英検5級(中1程度)は問題ない。

注意は大問1と2

文法と会話文の穴埋め。

いやはやどうなるかな。

今日の打ち込み作業は楽しくて仕方がない。

だって、このプリントは必ずやってもらえる。

だから何時間かかろうが、労力は厭わないつもりだ。

優先的に打ち込みます。 

さて、あと少し、楽しい打ち込み作業をに戻ります。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.