FC2ブログ
静和学院  ホーム » 未分類 »背中を見せて、それを見る者

背中を見せて、それを見る者  

昨日の連休最後も塾へ来ると、高校生が勉強している。

テストだから?

いいえ、毎日来ているのだから、これが当然の塾の光景。

中学生の自習にやって来る生徒は、いつでも高等部の先輩がいることは知っている。

だから、わざわざ

「今日は塾がやっていますか?」

など聞きもしない。

だって毎日高校生がいて、教室で勉強しているわけで。

先日、模試のため高校生が教室に見当たらない日があった。

とある中2が

「先生、今日は何かあるんですか?」

「なんで?何もないよ」

「でも高校生が一人もいないじゃないですか。」

と聞いてきた。

「あ〜今日は模試だ。 あと少ししたら来るんんじゃないか」

「ふぅ〜ん」

見るべきやつは見ている。

少しばかり、現高3の現状の話を中2相手にしていみる。

何かを特別に伝えたかったわけではない。

それでも、何か思うことがあったらうれしいね。

4年後、もしかしたらこの中2は、今の高校生の席のどこかに座っているかもしれない。

それをまた現小学生が眺めることがあるかもしれない。

そう、いつだって教室に来たら、見られる光景。

今日も先輩は、中学生に背中を向けて、勉強している。





スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lion222.blog87.fc2.com/tb.php/1209-06dcae36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

▲ Pagetop