fc2ブログ
静和学院 

かけて時間はうらぎらない~毎日のすすめ~

2013/06/23
未分類 0
英語とは

つまりそういう教科である。

国語のように残酷ではない。

今までに積み上げてきた、かけた時間により英語はかわる。

なんど口にしてきたであろうか?

それでも、教科書の単語も不規則動詞も、そこそこに終わっている。

いくら不定詞がわかっても

「訪問する」 それが書けなければ、place to (visit)

訪問するべき場所 とは答えが書けないんです。

つまりは先日も書いたが、反復なんです。

学校でも塾でも、習った単語はできるだけ早く自分のもとする。

ただそれだけのこと。

テストの前に、小テストと言われた覚える、それじゃ~、だめ。

何をやったらいいのかわかりません。

そんなことを毎年毎年耳にする。

それは、やらなくてはいけないこと

つまり

毎日反復しないといけないこと

もっと言えば

一番いやな単純作業

そう

英単語の練習しかり国語の漢字なんです。

思いつかないのではなく、やりたくないから、目を背けているにすぎない。

これをすると、テスト前にこの作業に追われ、演習すらできない。

まさに自分で自分を追い込んでいる。

そろそろ耳を傾けてもらいたい。

是非とも、毎日毎日、英単語や漢字は、少なくとも時間を作って覚える。

その習慣を身につけてもらいたいと、切に願い、生徒に話すのであった。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.