fc2ブログ
静和学院 

関係者各位 ありがとうございます

2013/02/07
未分類 0
水曜日、動けなかった。

自分で病院へ行くことすらままならない。

火曜日の夜、なんとか帰宅した。

2度ほど帰宅途中吐いた。

吐くものなどないが吐いた。

透明な黄色みたいな・・・。

描写はいい。

薬を飲むもすぐに吐く。

朝迄苦しみ、支えられながら点滴と座薬だ。

しゃべると吐く。

メールで今晩の段取りなどを送る。

すぐさま、佐口 柴田 丹羽 松本先生の4人が引き受けてくれる。

何とも心強い教え子たちだ。

一安心だ。

そして塾の主要生徒へもメールをする。

どうやらやたらと℡が鳴ったらしい。

いつもは鳴らない電話がね)笑

それでもオレがいなくても、例え生徒だけでも対応してくれる。

なんともよくできた静学生たちだ。

オレがたよりないのを生徒が補ってくれるわけでしてorz

ありがとう。

1日中、うつらうつらしていた。

どうやら薬に睡眠を促す成分を入れてくれたらしい。

とにかく眠たい。

きづけば8時間とか眠れている。

ここ数ヶ月、こんな寝れたの初めてだ。

とある生徒が言う。

「いつも、錯覚って体調ごまかして、無理するのはいいですが、本当に倒れるのはやめてください」

そりゃそうだ、生徒たちにしてみれば、気持ちのいいもんじゃない。

いなくても静和学院はいつものように動くという過信があった。

すまない。

しかしおかげで、すこぶる体調がいい。

快調だ。

しかし油断はしないようにしなければならない。

少しペーズを考えよう、少しだけ教え子にたよろう。

「いつでもかけつけます、もう大学試験終ったんで」

と言ってくれている。

ありがとう。

今晩もお願いします。 

夕方迄は、塾にいます。 でも、本当にもう治ったから。

なんか、すっごい身体が軽い。

わかってます、錯覚だって)笑

オーバーペースにならないように今日からまたがんばります。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.