FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
233位
アクセスランキングを見る>>

私立大スタート

静和学院高等部3年

今日から地元の私大受験が始まる。

勝川校のRくんの中部大から始まる。

塾は、毎日開けてあります。

2月から自由登校の生徒は自由に使えばいい。

各自、いつもの席について、やることをやればいい。

質問とかは、教科ごとにまとめておいくこと。

今日は、文系なら俺が対応します。

理系組は、明日の木下先生でお願いします。

どうしても今日中なら、いつもの手順でご連絡を。

さて、いよいよ関東関西含め、まずは私大勝負が始まる。
スポンサーサイト



生徒へ業務連絡

生徒たちへ

先生のiPod touchがとうとうフリーズ。

そのため、ラインが使えません。

高等部の生徒が特に困るかな?

急ぎの場合は、塾に連絡ください。

現在、復旧を試みてますが、数日かかるようです。

よろしくお願いします。

先輩の背中を追って

「地質学に興味がある」

彼は中学の時にそう言った。

だから

中2の夏の終わりに、N冶(アメリカ某大学特別研究員)に会わせた。

ちょうど論文が掲載され、ヤフーニュースになったときだっけね)笑

そこから

「地質学を研究したい」
に変わった。

それから4年後の今年、その気持ちは変わらず。

日本で地質学が学べる国立を受けることになる。

N冶の背中を追った生徒は多数いる。

その中でも、ヨッシー(名市院)は分野は違えど研究者を目指している最中。

また一人、今度は同じ分野に進もうとする静和学院生徒が出てきたのはとても嬉しい。

高3の少し伸び悩んだ時、

N冶とスカイプで話した数時間

今考えればあれが大きかたっと今は思う。

センターはなんとかクリアーした。

いざ勝負だ。

Rくん

先輩の背中を追ってここまで来たんだ。

あと少しだ。

今日も先輩は研究している。

残り約1ヶ月

まだまだ積み上げることのできる時間は残っている。



3年後を見据えてあげてよ

高校をどうするか?

そんな話を3時間弱

勉強が苦手な生徒。

安易に工業だの商業だのでいいのか?

本人の意思が明確ならば何も言うまい。

しかしそうではない。

親御さんも、学校の担任が受かるというとこから選ぶことになる。

考えうる3年後を話す。

そして個人的な意見も。

明らかに工業が向いている生徒ではない。

入学すれば普通に通い、そして就職だろう。

それでいいのか?

今、やっと自分で考え、自分で勉強に取り組みはじめた。

ルールからした遅い。

でも間に合わないから、「ここしか行けない」

と切り捨てる学校の言い分は違う。

その中で、

3年後、

生徒が選択肢を少しでも残せるように指導

それを少しでも考えてあげてもらいたい。

進路指導に携わる者として、中3の担任にはそれなりの義務がある。

どうしても今の時点で点数化するのだ。

伸び盛りなのは、見ればわかるだろ?

ならば、その指導はない。

3年後、彼が大学を目指す芽を潰す&足をひっぱるようなことはしないでもらいたい。

勉強は本人が望めばすればいい。

工業や商業に行く生徒に、もっと先生は理由を聞いてもらいたい。

何故に行くのか?

「受かるから」

ただそれだけの理由で勧めるのはちがうとおもう。




良い意味で放置するということ

土曜日の午後

教室には、普段なら中3のみ。

しかし年明けからポツポツと他学年がやってくるように。

実力テストもあるし、その先には後期期末もひかえている。

この時期、中受験と高校受験と大学受験に目がいきがちだ。

いいや、俺のほとんどがそちらへ注がれる。

受験生以外は、最低限の指示のみになる。

この時期に、自分でペースを考え、自分のスタイルを確立してもらいたい。

都合がいいことは、百も承知だ。

しかし、受験生になった学年のときには、同じように君らに全力を注ぐから。

サポートには、ゆりか先生や巧先生や高校生があたってくれる。

助かります。

そんな放置のなか、例年どおり1人また1人と自習に来るようになる。

今日は中2も1人。

自習については、授業日にアナウンスしている。

もしくは、

「週末は自習室何時から何時」

と、聞きに来てもらいたい。

それもまた自分で考え、自分でペースを作る練習だ。

言われたことすらまだきっちりできないことも多々有る。

そろそろ、その辺を自分で律してもらいたい。

期待を込めて、放置プレー。)笑

小学生高学年、中1 中2 高1 高2は、自己管理を磨くチャンスです!


愛されてるな

今年の中3はゆりか先生がいなかれば成立しない。

それぐらい、ひっぱってもらった。

IMG_0987.jpg

今年の中3中心とする、静和学院の全受験生のために、太宰府に。

ゆりか先生が中1から見続けてきた生徒達。

初の教え子達。

多治見校舎の9期生、ゆりか先生に感謝しなよ。

塾先だって凹む〜ありえないことを信じるな〜

凹まないとでも思っているのか。

何度言えば、できるようになるのだろう。

復習がされてない中3が多い。

なのに休憩中には、ヘラヘラと笑っている。

正直腹が立つ。

あと1ヶ月しかないのだ。

スマホを気にしている場合か?

やってこ来るように指示した問題を

「あ。忘れた?」

でいいのか。

講習最終日に怒鳴りたくなどない。

誰のための受験だ。

「きっと受かる」

そんな根拠もない自信が見え隠れする。

断言する。

そんなことはありえないから。

SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院