FC2ブログ
静和学院  ホーム »2015年08月
2015年08月の記事一覧

テスト1日目が終わる  

IMG_0055.jpg

中3の講習の終わり頃に、高校生が教室へ入ってくる。

今日から市内の高校が始まった。

初日から課題テストだ。

教室へ来るなり、すぐさま明日の対策へ各自がとりかかる。

高1のKHは現文の見直し。

そこへ浪人のKが同じく、一緒に問題を見ながらワンポイント講義。

知識のアウトプットとしてはいいだろう。

決して遠近法ではない、Kが大きいのだ)笑
IMG_0054.jpg
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

高校生は夏休みが終わる  

IMG_0053.jpg

明日から学校が始まる多治高。

最後の細かな宿題が残っているのか、朝からやっている。

最終日までと思うが、確かにちと量が多いです。

しかし正直、答えを写していくことも多いだろうに、しっかりと1つ1つ丁寧にやっている。

ペースが遅かったので、致し方ないが、塾で英語と古典のテキストは取り扱った。

そのおかげもあってか、なんとか間に合うだろう。)笑

しかし定着しきれたとは思わない。

高1はまだまだ無駄が多い。

この反省を9月以降どう活かすのか。

高3の受験生たる先輩を見たはずだ。

先輩たちの圧倒的な英単語の知識量。

先輩たちがスラスラ読む古典。

休みが終わるが、何も取り組みは変わらない。

いつでも口頭試験にくるといい。 

いつでもあんたらに付き合う準備はできているのだから。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日も登場  


中2は前期期末の社会は江戸時代。

全範囲もいれば、鎖国までの学校も。

Rには理科の確認を

Yには数学の確認を

IMG_0049.jpg

それが終わり次第、先輩の江戸時代社会講義の始まりだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

食欲あるある  

IMG_0048.jpg

高1のMのお母様が、ご飯を届けに来る。

Mには多かったらしく、そこ擦り寄り影あり。

部活帰りのM&K、まだまだ食べ盛り。

ぺろっと残りをいただきますってなもんだ。

5期生はあいかわず、男女が仲がいいこって。

さて、食べたら来週のテスト勉強の再開だ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

めずらしいな  

教室には1人。

中2が自習にやてきた。

本来なら中3の講習時間なのだが、登校日の生徒と葬式のためお休み。

中3が空っぽだ。

私立中3の一部は、すでに昨日から学校が始まっている。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

つかの間の休息  

IMG_0040.jpg


午後から中3と時を同じく、高3の授業が始まる。

今日で3回目、名市大(薬学1年)のよしあきの授業だ。


そして外が暗くなったころ、始まった。

かなり前から言われていた。

今年は花火大会も祭りも行かない、行けない?

そんなんは高3は当たり前なのだが。

しかい、そうは言っても多少の息ぬきも休息も必要だ。

だから塾の前で、少しだけやることを許可した。

来られないと思われたKRNも偶然登場。

高3がそろった。よかったね。

KRNのお母様が火の担当もしてくださった。

ありがとうございます。

たった10分程度だが、静和学院3期生の高3たちの思い出。

「さぁ〜て、終わったな、そっれじゃ〜英語やろうかね」

とすぐさま言い放った俺が冷たい目線を浴びたのは言うまでもない。)笑

IMG_0043.jpg
IMG_0041.jpg



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おつかれさん  

昨日、京都で行われたインターハイに出場の高3のKRNから連絡。

昨年に続いて2年連続である。

受験という観点からすれば、8月休塾は手痛い。

しかし、彼女の今までの努力を知っている。

だから全力で応援してきた。

もちろんこれからもである。

全国大会、そこは大学受験への努力と同じぐらい過酷である。

誤解をまねくかもしれないが、それ以上ではないかと個人的には思う。

努力で超えられないものが、多々あるのではないだろうか。

さて、結果からみればタイムはぜんぜん。

終わった後は泣きました。

ついさっきまで泣いてました。

このまま続けることができるのか?

でも辞めたいとは思わない。

まだ続くこれからも・・・・・・

そんな内容だった。

彼女のこれからも考慮し、環境が整っている大学へ。

環境はオレにはわからない。

今まで彼女を指導してくださったコーチにたよる。

俺にできること、その先を見据えて。

「先生、話を聞いてください。」

そうつづられた彼女からの連絡の最後文、いよいよこれからは静和学院の土俵である。

インハイから帰った彼女は、大学へ向けて一挙に準備しないとならない。

インハイに行く前に彼女は塾へ来て、英単語のターゲットを持っていたようだ。

いつも机にあるものがなかった。

そう、いつでも全力であった。

その彼女の約束の地へ導いてやらないといけない。

8月の後半、いよいよ高3全員が出揃う。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

まだまだやな、でも授業でなくてもやっている。  

ふと携帯を見ると、高3生徒用グループからのメール連絡が来ている。

何か用事かと開いたら

IMG_0032.jpg

ちゃんと勉強していますっての写真付き。

はぁ〜〜、ったく。

そんなことしてる暇があるなら、勉強せいや〜〜〜!)笑

と思いながらも、3期静和学院の高3の仲良さを少し垣間みて顔がほころぶ。

センターまでのこり5ヶ月ほど。

しっかりと自習も各自で取り組むことだ。

しっかし、後ろに小さく唯一の紅一点ならぬ男子がちゃかりとカメラ目線じゃないか)笑


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

絶対に出ないからねが合い言葉  

IMG_0031.jpg

本日の締めは、中2への社会の過去問解説。

理科の実力過去問を終えて、社会へ流れた。

地理の解説から歴史へ変わったところで、今日は夜に登板のK先輩。

日本史のスペシャリスト、特に江戸がすごい。

中2は学校がちょうど江戸へ入り夏をむかえた。

ちょうどいいので、中3にもした授業を中2へもしてもらおうかね。

オレがする予定だったが、Kに

「江戸の御三家ってさ〜〜」

と水をむけると、かたりはじめた。)笑

自然な流れで、江戸の授業をバトンタッチ!

「江戸の導入するけど、徳川御三家の菩提寺やら御三家お細かな事はテストには出ないから」

あはは、でも生徒は苦にしないようだ。

絶対に学校では習わないだろうが、話がよく分かり、テストに出るような人物や戦乱の理由がようわるね。

よろしくお願いします。

「いいか〜〜、これはテストにでないが〜〜〜」

また言ってる。

テストに出るぞ〜〜はどこの塾でも聞くけど、逆はないよね。

でも静和学院はこれでいい。




そして今日の1枚

本人のために言っておきます。

数分の休息ですから。

1日10時間以上、居座り続ける高3。

おつかれさま。
IMG_0030.jpg


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

江戸時代の授業はオレじゃない  

IMG_0028.jpg

中3相手に最後は社会の歴史。

縄文から奈良

平安から安土

とまとめてきた。

今日から江戸に入る。

「江戸っていったらやっぱりK先輩でしょ!」

と生徒が言う。

教室で日本史の勉強をしていた浪人のKへ交替。

塾に来ては、雑学を披露したり、入試に出そうもないマニアっくな知識を語る。

とくに日本史については歩く辞書だ。

おかげでKの登場を待つ生徒まで最近では出てくる。

本日最後のオレの社会をかわりにやってもらう。

江戸の定着をはかるため、プリントに沿って行うがそこはK。

ときおり生徒の興味をひくネタを散りばめて授業が進んで行く。

助かった。

オレは英語の予習だ。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

▲ Pagetop