FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
233位
アクセスランキングを見る>>

新学年が少しずつ動き出す

大学受験に高校受験に追われるこの時期、その他の学年とゆっくり話す時間がない。

申し訳ないが、サポートしてくれる教え子からあれこれと聞く。

大学受験が終息を少しずつ見せ始め、できた時間で生徒に声をかけていく。

一人一人にだ。

意識を変えてもらわないと困る。

特に新中3と新高2。

新高2?

そうです、新高2だ。

どれだけ高2が大切なのか、受験の崇拝をわけるのは高2である。

この1年はとてつもなく大きい。

今年の高3の話をしながら、どのように過ごすか、ただそれのみをストレートに伝える。

そして新中3、脆弱すぎるほど脆弱。

でも伸び白は、まだまだ十分のこっている。

あと2週間しらた、一気にあんたらに目を向けてやる。

それまでしばし待たれよ!

それまでに英語の渡した不規則動詞表を完璧にしておいて下さい。)笑

その他の教科は復習あるのみ。

受験がすべて終わり次第、中3の予習に入るからね。
スポンサーサイト



いよいよ前期試験

IMG_0684.jpg

この時間、いつもならすでに高3の姿が見られるはず。

しかし教室には、新中1のお嬢さんが一人いるだけ。

英語は昨年で中1を終えて、現在中2の範囲を教えている。

数学は、現在文字式の除法と乗法を終えたあたり。

来月から方程式分野に入る。

4月からは新中2と一緒に数学と英語はやれるだろう。

久々に1年先取りの人材が現れたね。2年ぶり。

明日いよいよ国公立の前期試験です。

全国の大学受験生、がんばってください。

でも受験の神様、静和学院の生徒をできれば少しだけ贔屓に何卒よろしくお願い致します。)笑



申し訳なくでもありがとう

「先生、少し話しいいですか?」

昨夜、登場したのはうちの頭脳N(名大院D1)である。

「やっと形になりました、先生に1部完成版をと思いまして。ありがとうございます。」

「おいおい、オレにお礼言われてもな〜、ありがとう、いただくな、本当におめでとう。」

以下の写真がもらったもの。

先日も書いたのだが、論文が世界のサイエンス雑誌に掲載された。

左は完成前のコピーで右がきれいに製本された完成版

IMG_0683.jpg

「3年長かったですよ、先生」

と満面の笑み。

残念ながらツーショット写真は載せられない。

「それで、申し訳ないのですが、今の高3の後期試験が終わった次の日に渡英することになりまして。」

「??、イギリスに行くのか? えらい急やな? 論文引き下げて講演か何か?」

「いいえそんなんじゃなくて、また1つ向こうで研究がありましてそれで短期ですが行くことに。」

「そんな急に決まるんのか〜、いやたいへんだなぁ〜」

「・・・・・実は、伸ばしてもらってたんです。本当は昨年の10月末から11月にと大学には言われてたんです。でも高3見届けてからって思いがありまして。 それに論文もね、ありました。 そして伸ばした会あって受験前に生徒に完成したのを見せられてよかったなって。今の高3に携わらせてもらったときにとりかかった論文じゃないですか、なんか思い入れもありますし、何より最後まで一緒にって思いまして。それで申しわけないですが、今までみたいにひょこっときて、高校生見れなくなります、すみません。 」 

深刻に言うもんだからなんだと思った。

おめでとう、N! あんたを教えれたことをありきたりだが誇りに思うよ。

思う存分研究してきたらいい。

「直接は無理でも、パソコンでよければ時間合えば理系の質問でもなんでもやりますのでまた、facetimeで高2や高1にできることさせていだたきますね〜 」

涙がでそうだよ、本当に感謝する。 そのときはよろしくね、でもきっとお願いすると思う、化学と物理orz

「先生、僕思ったんです。」
「何を?」

「今の高3が院に進学するころに、僕が研究室持っていて、そこに来たらそれおもしろいですよね?」

あ〜きっとそれはそう遠くない近い将来、叶うかもしれないぞ。









センター利用私立発表日

高3の男子4名がぞろぞろと教室へ。

全員で来ると圧倒される。

なんたって175㎝以上のやつらばかりである。

そのうちの2人は180を余裕でオーバーしているから、なおさらである。

「こんばんは〜〜〜」

と言いながら席へ着く。

報告に来るかと思いきや、中3の質問対応中だったためかオレのもとへ来ない。

質問を終え、近よっていく。

「受かってましたよ。」

全員が口をそろえる。

当り前か。)笑

名古屋大学を受ける4人(理系)には、名城をセンター利用で出すことをすすめた。

どうしても地元をってことだったからだ。

これで私立は出そろった。

静和学院 関東勢はいないからね。

おっと、明治大が一人いたがそれはすでに合格を勝ち取った(ごめん、忘れてた)。


名大受験の理系の4名、私立は全勝だ。

同志社 立命 明治 これにて終了! ご苦労さん。

私立の対策はほとんどさせていない。

各自に任せた。

センター後、前期に的を絞った。

あと2日、あと2日だ。

最終コーナを回っただろうか、最後のストレート、全力で駆け抜けよう。

土曜の夜、ピリピリとしてるじゃないか、なかなかに。

文系のお嬢は、南山に進学するとさ。



高校生がんばってると思ったら

寝てるやん

でも前のめりだからよし。

ターゲット握りしめて、睡眠学習中!

少ししたら起こそうかね。

IMG_0682.jpg

久々の更新

IMG_0681.jpg

ここ最近、やれどもやれども伝わらない気持ちに凹んでおりました。

さぼっていたわかではないのですが、今年は気持ちを保つのがやっと。

立っているのがやっとの始末。

この時期は受験生が優先になる。

それをいいことにそれ以外の学年のだらけようにいささか辟易していました。

それでも毎日やることを、伝えることを、教えることはやっています。


土曜日、中3は第3回プレ入試5教科とやり残した英語のリスニング2回分。

同時に本日は中学受験の生徒もシリーズテストです。

この姿を見て、中1と中2は何も思わないのが悲しい。

特に小学5年生の受験科が毎日自主的に居残りをしているのにね。

時間は平等に与えられているのにね。

ほっといても稼働できるようにならないかん

午後3時、塾へやってくる。

別に授業があるわけではない。

本来、休みなら遅くても午後一には来るがあえてずらした。

昨日、

「明日は祝日でお休み、でも教室は開けておく。特に中1と中2は期末が近い。自習として使っていい。」

そい言い放った。

高3や中3が授業に関係なく、自習に来るのはこれ当然、受験生。

高3は朝から晩までいるので何も言う必要はない。

問題は中学生だ。

中3も含め、まだまだ甘い。

塾に10時間以上滞在するものがいないのだ。

強制するつもりはないが、それぐらい当然だと思っている。

今の高校生の先輩らは、中学生のときなんぞ、朝から晩までいた者が多い。

だから今の現状があるのだと思う。

毎回の祝日や休みの日をそうしろとは言わない。

でもさ、受験の中3、そしてテスト前の中1と中2、この時期ぐらいは必死にやらないといけないのではないか。

誰のためでもなく自分ために。

本日、何人いるだとうと来てみたら

珍しい顔ぶれは1名だけ。 

あとは、いつも自習には来ている者だけでした。

あ〜あ、まったく伝わってないのかね。

少し凹む。

でもでも、きっと来れないだけで、家でやってるんだろうな、うんそうだような。

明日、ワークの進捗状況を楽しみにしておく。

珍しい顔ぶれは中2です。

目の前に陣取るオレ。

マンツーマンの英語が始まったときの、苦笑いが印象的な建国記念日である。



これは生徒は来れないかな。

IMG_0672.jpg

やったね

午後1時、そろそろ発表である。

本日は学校にいっているはずだ。

着信が鳴り響く

「ざざ~~~~、きゃ~、わ~~、泣き声」

ゆりかの周りには、友達もいるのだろう。

祝福の歓声で、聞き取れない。

「親より先に、誰よりも先に、先生に伝えたくて~」

「おめでとう、すぐに、親御さんにも」

着信終了。

携帯をきると、込み上げてくるものがる。

少し、今から物思いにふける。

彼女が静和学院に来たのは、中2だった・・・・。

SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院