FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
246位
アクセスランキングを見る>>

理想の形

中3に学校での三者懇談の内容を聞いていく。

全員が、「内申はOKをもらった」

との返事。

あとは点数。

それでいい。

点数は静和学院で塾で、どうにかする。

怖かったのは前期の内申なのだ。

内申が大きく影響する高校公立入試である。

内申がそろわないことには、スタート地点にすら立たせてもらいえない。

だからとにかく内申優先でと、ことあるごとに言ってきた。

例え実力で点数が低くとも、まずは中間と期末に重きをおいた。

これでやっと全力で実力演習に力を入れられる。

やっとだ。

見とけ(誰に言っているわけではありませんが)、今年も全員が約束の地へ辿り着く。

中3へ業務連絡

H24から下っていた過去問もH21まで配布しています。

明日最後のH20−3回目を配ります。

各自がH21まで終わり次第、とりに来てください。

さ〜て、ますます忙しくなりますよ、中3。




スポンサーサイト

天気のいい日曜日

昨日、授業参加で昼間来れなかった中3がやって来る。

早速、来週の模試の過去問をコピーしてやらせる。

全員きているわけではない。

本当に受験生なのだろうか?

来ている中3は、各自が弱点とする教科から解き始める。

今月は弱点の教科の底上げを各自に指示してきた。

その成果を見てみることにしよう。

例年より少し早い三者懇談が学校では行われた。

どうやら現状の確認程度で、それほど突っ込んだ話はないようだ。

たぶん、11月7日の市内統一実力テストが終わった後の懇談から本格的に動くのかな。

来週の3日の岐阜新聞テストと7日の実力テスト。

中3は今週、忙しくなる。



たまには凹んでみる雨の水曜日

本人に何度も言ってきた。

それでもいっこうに指示されたことを覚えようとしない。

時間内に終わらないのなら残ればいい。

そうも言ってきた。

話し合った。

しかし時間が来れば帰る。

家でやってくる? 

そうではない。

そして次にやってきたときは、大半を忘れている。

このタイプは、覚えるまでやるくせをつけるべきなのだ。

しかしそれをしない。

怒鳴りちらしても、諭しても動かない。

そして去る。

べったりくっついているわけにはいかない。

他の生徒もいる。

オレはきみのタメだけに時間は割けないし塾もしかり。

もちろん本人もそんなことは望んでいないだろう。

それでもやっぱり凹む。

願わくは何か少しでも影響が与えられていたらと思うだけだ。

やっぱりまだまだ力不足なんだ〜と、反省する塾頭です。




あれ?誰かおる

午後3時前に来ると、電気がついている。

「おかしいな?誰かおる?」

教室に入ると、机にいるのは中3の女の子。

「早いな、学校休み?」

「いいえ、午前中で終わったので。家にいたら何もしないので)笑」

なかなかいいんじゃないの。

前期の内申は3つほど上げてきた。

あとは今必死にもがいている数学。

この数学を理科や社会のように8割超えるまで持ってきたら狙える。

期末など範囲の決まったテストは強い。

今よくある生徒タイプ。

しかし実力となるとなかなか。

理科と社会は夏の追い込みで、ここ最近安定してきた。

しかし数学がまだ伸び悩む。

「この10月は数学を中心に勉強する。これをやれ。」

その渡したテキストが、今日も机の上に広がっている。

あと1週間と少し。 

北海道から始まった巡礼は、中部地方を終えて、近畿の入試問題に突入している。

末までにどこまで行けるか。

もちろん、数学だけをやるわけにもいかないので、その辺のバランスも中々にいい。

後は己の実力を磨くだけ。

まだまだあんたは光る。 もっともっと磨けばいい。

必ずあがる、信じてそのまま進んでもらいたい。

顔ぶれに変化はない

今週末から実力テストがある中1と中2はこの連休顔を見てない。

休みは休むってポリシーか?

普段から勉強しているのならわかかるのだが、いいんかいね。

顔ぶれはかわらず、一般的に言われる受験生だけが、今日も塾へ来ている。

おっと、唯一、私立中1が1名来ている。

こちらは、明日から中間テスト、当り前か。

そとは既にまっくら〜〜〜。

3連休もあっという間に終わりましたとさ。

受験生のみの教室で待ちぼうけいやオレの勘違い?

午後から塾へやって来る。

駅周辺はそれなりに賑やかだ。

3連休は、美濃焼まつりのようだ。

人の合間をぬって、塾へ向かう。

塾周辺も、いつもよりは人通りが多いな〜。


現在午後3時過ぎだが、待ち人はやって来ない。

確か休み明けからテストなのでは?

そしれ最終日は、部活の県大会かなんかで塾に来れないと聞いていたはずだが・・・。

もしかして今日か?

教室は、高校生が3名と中3が3名、各自勉強をしている。

「なんか足らんプリントはないか?」

大量の今までの社会のプリントを漁り、

「いまのとここれでいいです」

もう一人は、来て早々、全国入試問題数学を持って席に着いた。

日曜の午後の塾内、受験生のみの空気が支配する。

ペンの音だけが聞こえる。



そこそこに受験生らしくなった

中3は2次関数まで数学が終了。

英語は関係代名詞を終えた。

なんとか11月末までに、数学と英語は学年終了を目指すとこまできた。

数学は相似の前に、三平方を教えて、図形を後に回す話をしておいた。

中3の全員が、各自今週は、全国入試問題や実力試験の過去問で演習を行っている。

中3は最低限の指示を出すに留めて、見守ることにする。

今月は脆弱な中2を叩き直す月としている。

いくら言っても家でやっている気配がない者が多い。

計算問題ですら間違うシマツだ。

いったい何を考えているのだろう。

やっておくようにいったプリントなりテキストがやらていない。

なrばと、強制的にその場でやらせるしかない。

今日は数学と英語をやらせることにする。

明日は理科と社会をやらせる。

両日とも、満点になるまで帰る必要はなし。

なんともなかったが、オレは薄情なんだろうか?

出かけに子どもの泣き声

そして奥様が叫ぶ

「ちょっと来て、頭をぶつけた血が〜」

どうやら狭い狭い部屋なのに、風船で遊んでいた下の子。

つまずいてこけて、テレビボードの引き出しの取っ手に額をぶつけたようだ。

「額がぱっくり(小さ目)となってる、縫わないといかんかな?」

とは奥様。

泣いている子どもを止血させながら、なだめる。

最低限の準備を奥様がしている間に、血は止まり始めた。

それでも心配なのはかわりないが、大丈夫そうだ。

「病院へ連れて行け、急いで」

そう、オレは一緒には行けない。

すでに塾へ向かうギリギリの時間帯。

今から連絡をして、約束した生徒を休ませるわけにもいかない。

まずは、顔を出して事情を説明してから、病院へ向かうしかない。

急き立てるように奥様らを病院へ向かわせる。

ここだけの話、「なんで一緒に行かないの?」

と思われただろうね。

読んでいる少ない方も、そう思われた方も多いかもしれませんね。

はぁ〜なんか自己嫌悪だが、2人が待合室に揃っても何もできない。

家族も子も大事だが、今自分が抱える仕事に支障をきたさぬよう、最低限の処理をしてから病院へ向かうのがいいと判断したのだが、自分なりに。

それでもいかんのやろね。

奥様からしたら、これは相当な減点をされそうだ。

ってか、とっくにオレの持ち点などマイナスなのかもしれない。)大笑

どうやらギリギリ縫わずに済んだようでした。

が、結果オーライだから許されるってことにもならんのかな。

仕事<家族 ってスタンスとるは、難しいし 仕事>家族もむずかしいですよね!

と、10月の日曜日の夕方に考える塾頭です。








SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院