FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
246位
アクセスランキングを見る>>

そろそろ自分で決めるべきだ

何かを成し遂げるようとするとき、そこで切り捨てなければならないものがある。

個人的にそう思う。

その選択は、個人個人ちがうはずである。

それを尊重する。

物かもしれない。

時間かもしれない。

1つかもしれない。

2つかもしれない。

どれを選択しようと、それは間違いではない。

選択するのは、自分です。

考えて考えて、相談して、そして最後に自分で選んでくれさえすればいい。









スポンサーサイト

一人は改めて一人は密航2回目

密航にきた私立1は、日を改めて水曜日に。

教室に入るのがはばかられたようだ。

色々あるね。

そこへ、先日来たお嬢の密航者が重なる。

2回目ですね。

最後に、

「これからどうすればいいですか?」

と、お母様と本人が問われる。

「一度検討してみてください、今日見ていただいた通りです。あっ、でも覚悟だけお願いします。 

なるべく毎日来ていただけること」

受験生である、その覚悟だけ念を押させてもった。


中2に数学の連立計算のまとめをさせる。

ボロボロだ。

いったい、どうしたらこんなことになるんだ。

どれだけ宿題と授業で費やしても、復習ができてないからこのありさま。

M以外はこれでは文章題などできやしない。

もう夏休みまで試験などない。

なんたる気の緩みようだ。

オレに打つ手はあるのか、さてさて、またぞろ腹が熱いわ。

またか

今朝
5時に起きて6時から、先輩の子どもの試験最終調整である。

本人が望むんだ。

だからできるだけ応えてあげたい、そう思い今回は出向いた。

昨日言いつけた問題は、夜中まで取り組んだ後が見られる。

嬉しいね。

今日から3日間、がんばってください。


家に帰ると、着替えすらすんでない下の子

「どうした?」

「熱が少しあるので休ませるわ」

と、奥様。

「病院は?先月の入院のこともあるし、小児科へ」

「そうだね、予約するわ」

って出向いて検査をすると

またまた、ヨウレン菌だ。

なんで? そんなに好かれる ヨウレン菌!

「今日から2日間は幼稚園を休んでください」

はぁ=、楽しみにしていた水遊びに七夕の飾り付けもできないみたいだ。

週末はたしか、授業参観ならぬ父親参加の参観日だったのでは?

マスクをして家で過ごすことにします。


私立中の密航希望者が今日はやってくる。

学校の宿題と授業の予習をメインでみてもらいたい

そんな希望の塾をさがしているとのこと。

まっ、集団大手塾ではこの手の希望は難しいですよね。

うちならばできる、しかし水があうかどうかが問題)笑

静和学院の環境に順応できるのであれば、ぴったりあまるでしょうが。

さて、名前からすると男か女の子かどっちともとれる。

でも、楽しみなのはちがいない。

さてさて、その私立中出身の先輩もいる。 

仲良くできると、これもメリットですね。




かけて時間はうらぎらない~毎日のすすめ~

英語とは

つまりそういう教科である。

国語のように残酷ではない。

今までに積み上げてきた、かけた時間により英語はかわる。

なんど口にしてきたであろうか?

それでも、教科書の単語も不規則動詞も、そこそこに終わっている。

いくら不定詞がわかっても

「訪問する」 それが書けなければ、place to (visit)

訪問するべき場所 とは答えが書けないんです。

つまりは先日も書いたが、反復なんです。

学校でも塾でも、習った単語はできるだけ早く自分のもとする。

ただそれだけのこと。

テストの前に、小テストと言われた覚える、それじゃ~、だめ。

何をやったらいいのかわかりません。

そんなことを毎年毎年耳にする。

それは、やらなくてはいけないこと

つまり

毎日反復しないといけないこと

もっと言えば

一番いやな単純作業

そう

英単語の練習しかり国語の漢字なんです。

思いつかないのではなく、やりたくないから、目を背けているにすぎない。

これをすると、テスト前にこの作業に追われ、演習すらできない。

まさに自分で自分を追い込んでいる。

そろそろ耳を傾けてもらいたい。

是非とも、毎日毎日、英単語や漢字は、少なくとも時間を作って覚える。

その習慣を身につけてもらいたいと、切に願い、生徒に話すのであった。


いつまでたっても先輩は先輩

先輩の子とそのお友だちが集まる。

「来週から期末だから、何人か集まるみたいだから、数学教えてくれや」

と以来がきた。

「日曜日に悪いが、何時でもいいから」

と頼まれて、先輩の家に出かけることに。

連立と1次関数の導入あたりまでの範囲のようだ。

先輩の家にはなんと、ホワイトボードまで用意されているではないか)笑

新品のホワイトボードを使い、恐縮しながら、集まった4名を相手にはじめる。

2時間ほど一挙にまくし立てて、お昼。

それから昼食をいただき、午後に学校のワークの見直しを指示し、オレは質問対応。

午前2時間と午後3時間ほどを過ごす。

夜ご飯もと言われたが、丁重にお断り。

「んじゃ、少ないけどお礼」と封筒が出てくる。

「いえ、受け取れません。」

「あほか、お前はこれで飯を食っているんだ、受け取れ、それが当然や」

「でも、・・・・」

「あのな~、お前がたった1回のことで、効果? 点数の責任がとか、思っているのならそれは違うぞ。

それは、教えてもらったほうが、どうするかの割合が大きい。 

それともお前は、適当に教えたのか?違うだろ?

お前がベストと考える授業をした。

なら、プロのとして、塾先として、胸をはって受け取れ。」


「はい、ありがとうございます。」

なんや、先輩にまじで説教されてしまいました。

自分自身の意識が甘かったと、考えさせられる日曜日でした。

そんな当然のことも忘れたのかってなご指摘はごもっともです。はい、すみません。)汗

「ああっ、でもオレの家の分はいらんのなら、こっそり嫁じゃなくオレに戻せ」

と、最後はいつもの先輩でした♪

おくさ~~ん、

いっぱいお小遣いもらってるくせに、

かわいい後輩からぼったくろ~とするんです!

どうか先輩の奥様がこれを読みますように)笑

なにもかわりはしないのに

なにも環境はかわりはしない。

それなのに、やたら高1になると、言い訳が多くなる。

やれ

「時間がない。」

「なんで毎週英単語テスト」

「塾のことばっかりできない」

などなど。

学校のこともできてない者が、都合のいい理由をつけているだけである。

毎週の単語テストがなかったら、改善するんですか?

なら喜んで減らさせてもらいます。

塾からの課題がなければ、学校の予習復習ができ、うまくいくんですか?

なら喜んで学校の事を優先してください。

結果なんぞ目に見えている。

高校生になったら、勉強量が増えるのは当り前である。

それが嫌だから、あまい方向に逃げる。

今で言えば携帯の中かな。

友だちと悩みを共有するのはいいことだろう。

しかしそれに時間を割き過ぎではないですか?

Li○○で友だちとしゃべって、何か劇的に変わるんですか?

ほどほどにする

それができない者が、使うツールではないのだ。

だから、オレは影で何と言われようが、にらまれようが、無視されようが、言う。

単語を減らす事もしない。

塾のことは優先させろ!

やるべき事をやって、それから、提案を持ってこい。

楽をするためだけの提案なんて受付はしない。

くそ、なんかささくれ立つ気分の週末である。

高校生も中学生もかわりはしない。

しっかし、ドッカ〜んッて怒り散らせないのがオレの甘さか。

やはり女子には弱い。


お土産と助言と話し合い

オーストラリアからのお客さん。

同級生の光一が、お土産を持ってあらわれる。

授業中なので立ち話となる。

「Sちゃん、ちょっとおいで」

私立中1のSを呼んでひきあわせる。

将来、英語を使う必要があるだろう生徒。

まだまだこれは、オレの想像いや夢でしかない。

それでも本人もまんざらじゃないはず。

光一に英語圏での生活や仕事について話をしてもらう。

少なくと、オレが言うより、実際に生活し働いているやつの言葉が、何がしかSに響けばいい。

些細なことでもいい。

ただそれだけのために。

「なんか、ものすごく視界が開けた気がします。」

中1の言葉ではない)笑

がんばれ、S。

そして授業が終わると、高1の動物コンビ(らくだ&ウマ)がめずらしく凹んでいる。

毎年のこの時期の通過儀礼。

男なら一蹴するが、そういうわけにもいかん。

すこしじっくり話す。

今の現状、そして塾のいやオレの考えなどなど。

高校になり少し距離をとるのは、意識的にである。

中学生ほどあれこれ口出しはしない。

それでも今回は、少しばかり一方的に高校での予習と復習、塾としての大学受験のスタンスを話す。

「捨てろ」とは言ってない。

「削る」今は置いておく、棚上げ、その違いを今一度確認をする。

そして授業について。

「4月に話し合いをして、全員がなんとか来れる日を決めた」

それを自分の都合で来れないのは、自分で調整するしかない。

他に迷惑がかかる。

そして、なんとか授業に参加できるように調整をする努力をすること。

それでも無理な時は仕方がない。

今確実にあんたらは、部活と授業時間を確保する。

それ以外で限られた時間を洗い出し、その時間をどのように使うのか? 

それが大切なのだ。

その限られた時間で、何かもできるわけじゃない。

だからこそ、やるべきことをちゃ〜んと考え、工夫をしないといけない。

そろそろその工夫の時じゃないだろうか?

何度も言うが、手を抜くのは、やらなくてもいいと、言っているんじゃない。

今やるべきことなのかどうなのか、それを考える事。

だから、まずは、今自分の使える時間をきっちり把握する事。

やることは、あんたらが言うように、たくさんある。

でもその多さに負けて、ぶつぶつ言ってもしかたがない。

1つ1つ片づけるしかない。

下を向くな、顔を上げろ、後ろを向くな。

ただひたすら、己の道を紡ぎなさい。

な〜んて、少しえらそうな事を言って、あきれられる金曜日の授業でしたかね♪

追伸
いくらでも塾で荒れればいい、塾先は調教師でもあるんだから チャンチャん♪

密航のお問い合わせが重なる

今日の今日で、早速の密航。

早速、夏季講習使用のテキストで、復習をさせる。

数学は壊滅である。

「今度、お母さんを連れてきます」

「そんな早急に決めなくてもいいよ、もう1回ぐらい好きな時に来たらいい」

あいかわらず、名前も聞かなきゃ、勧誘もしない。

密航するにあたり、静和学院のスタイルは、友だちから聞いているだろう。

いつの間にか始まり、あっという間に終わったってな感想だろうか。

「もし密航を決めるのなら、原則毎日来ること」

ただそれだけを伝える。

それが中3の密航条件である。

今年は例年になくひどい

学年は中2だ。

ま〜見事に反抗期。 

いや、今は中2病って言うらしい。

怒ってもだめ、なだめてもだめ。

だからといって、くってかかってくるわけでもない。

だだをこねる幼稚園児のようだ。

全員ではないので、お間違えないように。

進むペースが亀のようだ。

それでもまだ、言えば手を動かすだけはよしとするしかないのか。

お〜い、先に行ってるぞ!

見えなくなるまでは進まないから、先で待っています!

使えるもんは使う

「先生、一応、いなかった一人を除いて説明しておきましたから」

「ありがとう」

これから、木曜日の午後9時から1時間MACのface timeを利用して、理系の質問をNが受けつけることになる。

大学院の研究の傍ら、空いた時間を生徒のために充ててくれるとのこと。

塾の生徒の大半がiphoneを持っている。

塾のPCもMAC 大学のNもMACってことで、この計画が始まった。

Nの授業はこれから、週1回の化学と物理の授業と週1の質問受付です。

センター物理は、現在これまたNの後輩でもある三宅(名大院1年)が、日程を調整しています。

いよいよ一段ギアを上げさせてもらい、秋まにセンター力をあげます。

高等部のテリトリーのカレンダーに詳細はかき込みしていきます。

各自、チェックを毎日忘れないように。

明日で中間終了!

残すHとK中の中間が明日で終了!

前日だが、昨夜顔を見せたK中の面々は、

「明日は来れない?かも」

おいおい、家でやるんだろうね。 不安だ。

見ていないと、やらないタイプ。

それも付きっきりでね。

集中が続かないのだ。

まして、自分の部屋でやるなんてしたら・・・・・。

おそろしい。


雨が降ったりやんだりしている。

教室の湿度は高いが、エアコンを入れると寒い。

ねっとりした教室でネチネチ最終勉強をしている中学生は2人だけである。

直線なのに

試験直前、各自が自分がしたい教科の勉強があるだろう。

しかし中2の一部が、提出部すらまだ完璧にやっていない。

あまあまのオレは,そのワークのまとめのページを印刷して解説していく。

やらせて見たらびっくりするほどの、完成度の低さ。

類似問題を何度やったことか。

あかんがね。

1時間かけて、1問1問解説をし直しからはじまる水曜日。

すまんが中3に頼まれた解説を、後半にづらしてもらいした。

たまには父親業務をしないと不都合があるもんで

慣れない業務。

午前9時過ぎに、目の前の学校へ。

参観日。

算数と社会らしき授業を2コマ見る。

算数で手を挙げた我が子。

見事に間違える)笑

教室は爆笑!

つまらない、しょうもないミス。

先生が正解に導いてくれる質問、言い直せばいいのに聞いてない。

オレは笑っているが、奥様はそうでもない。)おそろしい。

繰り下がりのある引き算の筆算である。

45−18 

「5−8はできない。 だから十の位から1をかりて、15−8。 1かりたから4じゃなく3−1」


まずは1をかりるという表現。 これは説明する時も、10をかりるとするべきである。

もしくは10円を1円にくずして10枚にするなどとするべきだ。

だって、視覚で教えるために黒板にある10の束をくずして1本1本にして説明しているじゃん、先生。

そして、隣の1組はこの1の位での引き算を、10−8+5で計算しているのに、2組の我が子は15−8。

オレは1組のやり方のほうが、我が子がミスが少ないため、そう教えた。

一応両方を理解させたが、学校では統一しないの?

社会では、町の中の気になる標識や身近な店が何をしているのかを発表していた。

中々に楽しめたが、やはり低学年での算数は参観などで見ておくべきかな。

子どもがつまづくのは、親なり塾なり、学校と教え方が違うと、こんがらがるよね。

こりゃ、親なり塾なり質問を受ける方が、子どもや生徒のノートを見て、学校にあわせてあげるのがいいかな。

うちの子は器用に、使い分けることはまだできなさそうだし)笑


帰宅して昼をかき込んで、塾へ向かう。

トイレに何回?

生徒ではない。

オレだ。

気分は悪かった。

何か悪いもん拾ってたべた?

そんなことはない、昼から何も食べる気がしない。

とにかく、吐きたい。

トイレに行くが、出るのは胃液のみ。

こりゃちょっっと、やばいかな?

水を飲んで、一時はすっきりするが、すぐに。

だましだまし、生徒の間を徘徊する。

2人教えては外へ出る。

その繰り返し。

薬を飲んで今日は寝る。

そう言えば、ここ2。3日、眠れてない。

明日はテスト前だが、午後過ぎまで、父親をすます。

参観日です。

それから授業に戻ってきて,夜は協力関係の塾同士の、月一会議です。

日曜日はず〜っと塾にいます。

中等部の生徒は、見計らって質問があれば来てください。

いない間は、各自先輩か教え子が質問対応してくれます。



答え   5回です。 )汗 orz

あれ〜〜?

教室に入ると、1人しかいない。

「1人?」

「はい、今日は昼過ぎから1人です。」

たしかテストは明日までなはず。

残すは2教科、昼寝?

考えてもしかがない、小学生の算数の準備をする。

小4でそろそろ筆算の割り算に突入する学校。

しかし去年の段階で、すでに教えている。

確認程度で、該当範囲のテキストをやらせよう。

時間的余裕がありそうなら、また新たな範囲を先取りです。

そろそろ、小数と分数の関係を教えて、数の概念のまとめにしようかな。

な〜んて、一人テキストを見ながら考えていると、2人ほど教室へ。

今日はスロースタートだね。

夜は中間試験勉強の中1と中2。

中3は修学旅行へ

晴れていてよかったね。

今日はちょいといません

今晩は、19時までは塾にいますが、その後不在にします。

夜は教え子の柴田と永冶が教室を仕切ってくれますので、よろしくお願い致します。

テスト期間となっておりますので、授業が進むことはないです。

中等部は各自、提出物やら準拠のワークをいつも通り進めて下さい。

質問担当は永冶です。

高校生の古典の授業は、テストのN高以外は進めます。

高等部は柴田に担当してもらいます。





スピードがたりない

中間試験の提出物をやっているものが多い。

中3はいいのだが、中1と中2の一部がなんともなってない。

見ていないとできない症候群。

甘えすぎだ。

質問はかまわない、しかし全部聞いてくるのは受け付けない。

計算問題が例えば見開き数十問のページを全部おしえることなど不可能である。

何度も何度も今まで解き方を教えてきた。

それを1問できないとその先をやろうとしない。

まったく。

できない問題を後からまとめて質問に来るか、その1問のみを質問するようにしてください。

そしてなんと言ってもスピードがまったくない。

今日なんぞ2時間ほどで4ページってありえない。

社会なんぞわからないのならすぐに答えを見るべき。

それなのに考える。

間違っている。

逆に数学などはすぐ答えを写そうとする、は?なんで。

何度も何度も言う。

覚える問題と考える問題をしっかりと区別してもらいたい。

もちろん覚える問題でもまとめて関連づけて授業などしているのだ。

試験1週間前にも関わらず、家でもやっている気配がないやつもいる。

そして塾にも来ない。

帰り際にもう一度念を押す。

試験1週間前は、家でやらないのなら塾に来い、そうすっればやるべきことはやらせられる。



あと100とLi○○の弊害

残すはあと100単語

4月中旬から行ってきた単語テスト。

今年の課題800単語一回りまであと1回。

とにかくこれを常に引き出せるように今年の高1を追い立てる。

夏の終わりまでにはもう一回りいや二回りかな。

改訂された今年、打ち込み作業もあるので自転車操業である。

しかし今日塾には高校生のみ。

質問もほとんどでないため、ひたすらに打ち込み作業。

PC作業4時間ぶっとーしてなんとか今月分の単語は終了である。

やばい ヤバい やる気がでない  と携帯をいじくる高1をちくり。

やっかいな携帯電話。

携帯上で、友だちと意味も無いコメントを送り合い(オレからすれば)、テスト勉強中断になる。

たしかに連絡つける手段としては便利なんだろう。

しかしあくまで連絡としての手段であり、くだらないコメントを送り合って何になる。

それは本人たちもわかっているが、欲をおさえられない。

中等部の生徒なら問答無用で取り上げるが、高校生には注意しかしない。

片足は大人の世界に足を突っ込んでいるのが高校生である。

しかし家でも着信があるたびに見てしまうんだろうな、厄介ですよ、保護者の皆さん。



こんなこと書いている間に、教室に目を向けると、ほらね! 

はぁ〜重傷だね。





小学生だって模試受けるよ

CMでおなじみの小学生模試

やたらと国語が長い模試(個人的感想ね)

ちぃ〜とばかし対策しとかないと、学校のテストイメージではかなりきびしい。

週末はほとんど家にいない、夜もいない、だから顔もあわせる機会がない。

子どもがとった作戦は、オレのいる塾に行けばいいんだ!

単純でもっとも合理的な考えです。

だからか小さい頃から塾にいるために、帰れと言われないために、ワークやパズルを黙ってこなす。

その成果が少しは見えれる模試なんかな。

まっ、最近では自分からは寄り付かなくなったけどね)笑

まだまだこんなもん、黙って座って受けれるだけでもいいんと違う?

な〜んて言ったら、奥様に怒られるから口には出しません。orz

学校により温度差

中2の範囲表を眺めながらやってきた生徒に英語の復習をする。

過去形分野のみの学校とそこに文法のみ助動詞willをいれる学校でわかれる。

中3では予想していたが、まさか中2まで。

教える側としてたいしたことではないが、生徒には大問題。

数学は1章のみの学校がほとんどで、H中のみ2章の前半まで。

去年まで一番ペースがおそかったH中、今年は一番早いんだね。

そしてこれは歓迎されるべきなのかどうなのか、提出物が少なくなった。

これによる内申への影響はどうなるんだろう?

点数を重視してくれうのだろうか?

それともより授業などへの取組が重視されるのか?

ん〜、今年もまた内申にふりまわされることになることだけは、さけたいものだ。

揺れ動く気持ち

生徒から塾をかえるべきかどうかを相談される。

えっ??????? そんなことまで相談されるんですか?

ってな思って読んでくれている方もいますか)笑

生徒とではあるが親戚の兄ちゃん?違うか親戚の叔父さんぐらい近いし、隠し事なしでしゃべっているつもりだ。

変化は先週からこれでも気づいていた。

しかしオレは何もしなかった。

「今は自分でいろいろ考えている、近いうちにリアクションがある」

それが今日の連絡だったわけで。

でも決めていた。引き止めることはしない。

想いを聞いて、そして伝えることは伝えた。

最終決断は本人に任せることに変わりはない。

言っておきますが、塾がイヤでってな理由でないのでお間違えなく。

大学受験 
追われる 追われる

回りを見ると、自分より成績の良い者ばかりが目につく。

そして自分はこれでいいのか?

このままの塾でいいのか?

簡単すぎるがそんなことのどうどう巡りをしてきたはずだ。

まったく語彙力がなくて、うまく表現できないです。

でも手に取るように、流した涙の気持ちは汲み取れます。

毎回のことだが、女の子の涙には弱い。

今日言わなくてもよかったんだ、週明けに全てが片付いてから報告なり連絡をして話してくれればいいのに。

それを今日言ってくれた、ただそれだけが本当に嬉しかった。

なんのことかわからない?

すみません、ご勘弁を。 

あ〜自分がもどかしい。 この性格。



SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院