FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
137位
アクセスランキングを見る>>

13

明日は体験のお母様との面談がある。

℡のやり取りを聞いていた生徒が

「先生、その頭と同じ服装じゃ、塾先には見えませんよ」

手痛いお言葉。

はいはい、明日は着替えてきます。

っていってもスーツなんぞ来ていられない。

何と思われようが、教えやすい服装がいいのである。

すぐに膝立ちできる服装でないと生徒と目線があわない。

都立の入試を終えた生徒がやってくる。

「送り出しはきてくれるか?」

「もちろんです、よろこんで。」

AIRには塾生で送り出しがしてやれなんだ。

せめてもの償いではないがよかった。

引っ越すその日まで、塾で勉強してもらうことでも償いをしておこう)笑

残り2週間をきった。

中3は最後の最後まで愚直に取り組んでもらいたい。

今日、3月のスケージュールを配布する予定です。
スポンサーサイト

怒濤の快進撃

予想を大幅に上回る勢いで新中1(受験科組)が数学と英語を突き進む。

当り前と言えばそうだが、中学受験のときからその後を見越した始動をした。

特に算数だ。

とにかく、スムーズに数学へ移行できるように。

今は算数から数学へきりかえている。

受験で得た知識は中2までと中3の一部の数学の問題と同じだ。

その知識を無駄にしたくない。

だからこその受験後のこの時期に数学解き方で受験の算数を総復習である。

負の概念と文字式のルールを教えれば終わりだ。

なんとか今月で定着するだろう。

一挙に方程式も連立も関数も合同と相似もやってしまう。

入学するまでに中2の範囲を全部やりきります。

この2人ならできるだろう。

そして英語は単語にこだわる。

予定では200単語でしたが、取りやめ。

+100の300単語を書けるようにします。

2月末現在、100単語まで書けるようになる。

こりゃ、この2人は通常の新中1とは別個にしないかんかな)笑

考えてあることがある。

それはまたいずれ! 
新中3はうかうかしていられない。

14

「先生、卒業式後の塾の日程は?」

中々、受験生らしくなってきたね。

昨年と違って、3日準備ある。

入試と同じ時間で動く予定です。

9 10 11日の3日間、予想問題です。

11日はその後、送り出しとなります。

11日月曜の中1と中2の授業は休講です。

中2は送り出しになるべく参加して下さい。

1年後の自分を見据える機会です。

送り出しの準備は私立中3と来た中2が準備するように。

指示は、私立中3の4人に従ってください。

15

自宅で問題を解いていて忘れた)笑

中3の公立過去問である。

まだ現在h22までしか塾にストックしていない。

一番乗りの生徒がh23を欲しいと申しでた。

すまないことをした。

「大丈夫です、まだh22は2教科残ってますから」

たぶん、家でやるつもりだったのだろう。

各自コピーできるように原本を作成しておきます。

コピー機の横のクリアファイルに置いときます。

そこに解説と平均と過去の先輩のデータを置いておきます。

先輩のデータと比較して、今の現状を把握すること。

英作文と記述はいつものように持ってきてくだあい、添削します。

新体制と入試が入り乱れて、なんか毎日がせわしいです。

あっという間に気づけば終わりです。

16

昼過ぎにやって来ると高校生と私立中3の3人しかおらん。

オレは家から持ち込んだPCでたまりにたまった事務仕事を進める。

公立の中3のYUKがいつのまにか来ている。

「先生、質問いいですか?」

かまわないよ。

事務仕事から逃げれる理由がこれでできた訳で)笑

数学の問題を応えていく。

そうだそうだ、昨夜の平行四辺形の面積比の問題も教えなくっちゃ。

購入した市販の解説は、難しすぎていけない。


「これはな・・・・」

と勝手にこっちのほうがわかるはずと解説をしていく。

今日は寒いね。

質問が途切れた。orz

事務仕事を進めます。

新学年募集は以下を参照ください。
H25年度静学生募集!

17

今日でH19年度の過去問終了!

国語の出来はいいようだ。

これなら国語は授業から直前迄ははずしてもいいかな。

100 98 82  78 との点数である。

あっ、ちなみに小5の受験科の男の子も参戦で54(勿論、漢字も文法も作文も)

ハンデなしの勝負であった。

よく出来ましたね。

今年から45分から50分に各教科の時間がのびました。

さてその影響だが、国語は少ないように予想するがはたして。

今年は卒業式から3日入試まである。

今年はその3日を疑似入試として予定しております。

もちろんオリジナルの予想問題もだします。

不純なんだろうが

新年度の体制のこともありドタバタしております。

それでも教え子のサポートがあり心強い限りです。

そろそろテストが終息かと思いきや、高校生がテストに入る。

また深夜のバトルがはじまるな。

中3の公立対策も始まった。

昨日、私立の発表が終ったが、本命は全員が公立である。

まだまだ止まっていられない。

私立受験校の平均は下がった。

特に社会の地理はちょっと偏りすぎてないかい。

K350 T290の平均あたりだろうか。

でも学校側だけでなく、生徒の学力低下もやはり進んでいるようだ。

「ゆとり」の弊害が少しずつ目に見える形で現れてきている気がするのはオレだけ?





夢に向けて1歩〜独力〜

「先生、毎週土曜日の授業、月1回、不規則で休むことになるかも」

理由を聞けば、なんてことはない。

「あ〜別にかまわない。お前が決めたことだ。でも授業を動かすことはできない。」

「はい、それはわかってます」

「ならいいさ、その分はお前が自分で補えばいい、もちろんサポートはしてやる」

「ありがとうございます」

将来への1歩

誰が止めようかいや止めない)笑

己の道

突き進みばいい。

今年の新高1は楽しみだ、1期生の背中をよく見てやがる。

頑張ること夢へ向けての努力&独力をするものが多い。

オレはそんなやつが好きだし、そんなやつらの道に関わらせてもらえるのが嬉しい。

努力より独力

まわりに流されず突き進める強い意志を持って突き進め!

努力している者を笑うやつは多い。

「なんでそんなに毎日塾に行くの?」

「なんでテストでもないのに勉強するの?」

そんな言葉は聞き流せばいい。

その答えをもっているからこそがんばれるんだから。

どうせそんなことを言うやつに答えを教えても今は理解なんぞえられはしないんだから。



悪い子になれ

「社会なんぞ後回し、極論赤点でなければいい」

私立のとある子に言う塾先、つまりはオレだが。

誤解のないように書きますが、この子は私立中学から高校への内進生です。

目指すのもの 見据える先 約束の地は大学である、今のところ。

学校側からは

「理系はうちの学校ではちょっと」

とはっきりと宣言する学校である。

大学受験は学校の教科でまんべんなく得点てきるより特化した教科があったほうがいい。

まんべんなくってのが、高いレベルであるのならいいのですが。

この生徒は、軒並み8割を超える。

いくらオレが言ってもそこそこは得点を叩くだろう。

真意は

「数学と理科でトップをとってこい」

ただそれだけだ。

社会を多少手を抜くことで、数学と理科がトップとれるならそちらがいい。

つまりは社会で余った時間をそちらに時間を充てるってことだ。

いい子ちゃんでずっとやってきた。

しかし見据えるが大学/学部がある以上、今から1年、優先させてやらせたい勉強がある。

その生徒にとてはすごく悪いことをしているような気になるかもしれない。

そんな性格の子である。

それでもオレは言う

「(いい意味で)悪い子になれ」

今度は学期末

中3もそうだが、中1と中2も慌ただしい。

期末が今週に集中している。

今週は木曜日迄、授業をストップして期末勉強となる。

終ったものは各自、復習とします。

塾のテキストをお忘れなく。

各自の裁量に任せます。

金曜日から中1と中2は新しい単元です。

そろそろ終ったかな

中3の私立入試が終った。

院生のD入試も終った。

「これから時間にかなり余裕あるんでいつでも高校生の授業いってください」

たのもしく、ありがたい。

お言葉にあまえ、さっそく今日の土曜日もお願いすることに。

16時少し前に、予定なら試験を終った生徒がそのまま塾へやってくる。

問題持参だろう。

問題を眺めながら夕方を過ごすことにする。

算数から数学へ

無謀だろうか?

そんなこともないだろう。

正負の概念を教え、文字式の×を省くことを教えたら・・・。

SRは中1〜中2と中3(相似の概念)の一部は終えたことになる。

これが中学受験の強みだ。

無謀、いいえ、終らせます。

だって本人めっちゃやる気だもん。

そして英単語は1日10個ほど暗記をさせている。

文法は後回し。

今年は単語 単語 単語 で押してみる。



身体が悲鳴をあげている

ボロボロだ。

それでもなんとか持った。

明日、私立高校の地区一斉入試だ。

単なる通過点だが、生徒にとればそう簡単に割り切れるものじゃないわな。

明日は試験終了したらそのまま塾に来るそうだ。

すぐさま公立の過去問に入ることにする。

花粉症ってことに

しておこう。

右目だけでなく左目までも充血してきた今日。

会う人会う人に

「目どうしたんですか?」

と聞かれるが、本人もよくわからない。

花粉症と何十年とお付き合いをしているが、こんな症状はなかった。

今年は以上に量が多いと耳にするからそのせいか?

ともかくなんとか右目だけでなく左目も同じようにかすむ。

これでバランスがとれたってね)笑

そして両目とも赤い、こちらもこれでバランスいいやろ。

別に痛くもないしかゆくもない。

問題は目やにぐらいのもんだ。

入試が終ったら病院へ行こう。

そして今年も年を明けてから髪を切ってない。

だいぶ伸びてきたな。

前髪が口にかかり、おさまりも悪くなってきた。

ボサボサ 目が充血 どうでもいい。

とにかく今は入試で他のことは後回しである。

奥様に読まれたら、うらまれるだろうか)大笑

まっ、毎年のことだ、気にしない 気にしないように・・・・。

あと1ヶ月だ。



都内受験

引っ越しのため、東京都での勝負となったAIR。

夕方、ボーットしていると電話が鳴る

「先生、受かりました、早く知らせたくって」

と歓喜の声で連絡をくれた。

おめでとう。

一番気に入ってた私立高校に合格した。

これで一安心、あとは都立の高校である。 

誰もいない夕方

1月から先週まで、朝から晩迄、塾に来ていた。

久々に朝、子どもを見送り、少し遅いが午後4時に塾に出勤する。

いつもそこにいた生徒の机をきれいに拭き掃除する。

それから教室の掃除をする。

なんかまだ慣れない。

のんびりだね。

中学準備講座のプリントを用意しているが2人が来ない。)笑

「事情で遅れる」

との連絡があったのを見落としている始末。

あはは、少し座ってボーッとしてみる夕方です。

 午後3時

来ていないものはついてない。

オレは2時から3時に入ると言い伝えてある。

午後3時から社会 理科 英語と攻める! 

H23はこれで終われる。

残すは去年のH24の国語以外の4教科である。

来週の今日、私立高校のテストである。

1ッ発勝負である。

すごい合同授業ですね

まじまじと永冶(兄)言う。

中学受験科vs中3の私立高校の国語対決!

その解説(担当柴田)時間に永冶(兄)とコンビニでかける。

歩きながら、

「先生、それにしてもすごい合同授業ですね、小5/6と中3って」

「そうか、たしかにあんたらの時はここまではできなかったな」

「そうそう、先生、修論発表ですけど、これが厄介dしてね〜」

と、それからは修論のネタになる。笑っちまうが、そんなん監督官でいいのか(ここでは書けない)

それからオレなんかでいいのかわからんが、5月の学会発表の話にもなる。

こりゃ、また5月に永冶が学会でやらかすやもしれんな)笑

あっぱれ、永冶! がんばれよ! 新しい新説をさ。

塾にくりゃ、食糧ぐらいは不自由させん、使えばいい。

こちらも着々と進行している。

受験科vs中3はもちろん中3が点数的には勝った。

1つの見物は

姉妹対決!

小6妹vs中3 

圧勝かと思ったが、さすが小6の妹(受験科)

中々に姉を苦しめよった!

実際問題、60点以上は小学生軍団はマークしたんですからね。

勿論、漢字も書けましたよ、小6の生徒らは)笑




右目がかすむ

花粉症かなと思う?

でもな、右目だけって。

昨夜から右目がかすむ。

もやがかかったみたいになる。

充血してつねにうるうる状態

そして以上なまでの目やに。

結膜炎ってやつか?

なぜ?

抗菌目薬をさしてみるか。

次から次にこの時期は身体に変調をきたす。

慣れっこだが、この目のかすみは厄介だね。

採点や問題がうまく読み取れない。

まったく、こんな連休中日に来るなよな。

それでも日曜日、教室内は中2から高2までがごった返して勉強している。

修士論文も後少し

オレではないです。

うちのカリスマいや一部でもはや神の域に達した、それは中学のときからか)笑い

と称される、永冶(兄)の修士論文もおおづめ。

合間をぬって昨夜おそがけにやってきた。

「先生、アりとの集まり、15日以降がいいんですが。」

「あ〜オレ16日以降なら少しは時間とれると思う」

「それと今週土曜日は、高校生に授業しますんで頼みます」

「いいのか?締め切り近いのに」

「息抜きですね、あの子らのパワー逆にもうみたいなもんです」

ありがたいね、無理はしんでいいから。

大学院生 大学生 高校生 中学生 小学生、なんかみんな試験だな!

はて社会人まで来てこの間、英語の勉強もしていったけか。

なんかうれしい環境になってきたきた。

勉強する場所=静和学院 

いくつになっても来てくれる教え子たちに感謝しなくっちゃね。

最終コーナーをまわった

あとは直線、ラストスパート!

駆け抜けるSRに必死に激を飛ばす。

「作図問題のこれを全部やれ。」

「できました。」

「じゃ〜つぎは、社会の1回目と2回目、どちらも間違えた問題をもう一度」

「わかりました。」

「それが終れば、もう一度、算数の2回間違えた問題な」

できる限り的確に、簡単に指示する。

ぐたぐた言っても不安が募るばかり。

だから命令する。

SRにはもうゴールテープしか見えてないはずだ。

声は届いている。

まだしっかりしている。

歯を食いしばれ

顔を上げろ

見据えるのはゴールラインだけでいい。

そこに

約束の地 

            がある。



あとは間違えた問題のみ、それも算数だけ

勝負は算数だろう。

国語と社会は十分すぎる、そして理科はおそらく平均は超える。

それでも理科と社会は圧縮される。

国語での貯金を食い尽くさず、算数でどこまでが力を発揮できるかだ。

どうしてミスが目立つ。

それでも過去問では全勝してきているが、それでもね。

ここはやっぱり、算数であと1問でも稼ぎたいんだな。

あと2日、算数の間違えた問題の課程をさぐる。


あと2日

そろそろラストスパートです!

2月7日 静和学院 空席状況です。

お問い合わせがありましたので、掲載させていただきます。

以下をご覧下さい。
学年別 空席状況

S高の内申生テスト

本日、AYKが内申生の高校受験をしている。

そんな前日に塾を離れたわけで申し訳ない。

それでも、

「塾生がいなくても大丈夫、しっかり準備できてますから」

と心強いメールをしてきてくれた試験当日。

もう終っただろう。

問題は数学だ。

かなり手強い、過去問をやらせていたとき感じた。

それでもAYKにはそれ以上のことをさせてきた。

塾では、高校数学と物理&化学までをかじってきた、中3の1年間である。

「数学は負けたくない」

そうつぶやいたAYKが先週いた。

少しは役に立つ

いつもは教え子がサポート、

いや、オレがサポートしてもらっている立場ですね。

生徒には大学生や院生が、塾先である。

オレはって言えば、肩書きだけの塾頭でしょうか)笑

それでも、いるだけで役にたっているようだ。

頼りなくても,いつもいるのが当然でして。

(あたりまえだ)

いないとなると違和感があるようだ。

理不尽な注文をし、いきなり授業を乗っ取る等々の存在。

そんなサイクルを乱すと、生徒も調子が狂うんだってさ。

そりゃ、お褒めの言葉としていただきましょう!

(おい、前向きにもほどがあるだろう)

それでも、いなくていいわけじゃないようだ)笑

でもきっと復活したら言われるんだよね。

「えっ、今日は塾生は用事でいない日でしょ?」

はいはい、いませんよ、でもなんかあったら連絡してください。

いてもいなくても変わらない理不尽大魔王はパワーアップして今日より復活です!

チャンチャン♪

今日は、永冶(妹)先生が、心配してかわりに授業に入ってくれます、中等部へ。

ありがとうございます。orz

関係者各位 ありがとうございます

水曜日、動けなかった。

自分で病院へ行くことすらままならない。

火曜日の夜、なんとか帰宅した。

2度ほど帰宅途中吐いた。

吐くものなどないが吐いた。

透明な黄色みたいな・・・。

描写はいい。

薬を飲むもすぐに吐く。

朝迄苦しみ、支えられながら点滴と座薬だ。

しゃべると吐く。

メールで今晩の段取りなどを送る。

すぐさま、佐口 柴田 丹羽 松本先生の4人が引き受けてくれる。

何とも心強い教え子たちだ。

一安心だ。

そして塾の主要生徒へもメールをする。

どうやらやたらと℡が鳴ったらしい。

いつもは鳴らない電話がね)笑

それでもオレがいなくても、例え生徒だけでも対応してくれる。

なんともよくできた静学生たちだ。

オレがたよりないのを生徒が補ってくれるわけでしてorz

ありがとう。

1日中、うつらうつらしていた。

どうやら薬に睡眠を促す成分を入れてくれたらしい。

とにかく眠たい。

きづけば8時間とか眠れている。

ここ数ヶ月、こんな寝れたの初めてだ。

とある生徒が言う。

「いつも、錯覚って体調ごまかして、無理するのはいいですが、本当に倒れるのはやめてください」

そりゃそうだ、生徒たちにしてみれば、気持ちのいいもんじゃない。

いなくても静和学院はいつものように動くという過信があった。

すまない。

しかしおかげで、すこぶる体調がいい。

快調だ。

しかし油断はしないようにしなければならない。

少しペーズを考えよう、少しだけ教え子にたよろう。

「いつでもかけつけます、もう大学試験終ったんで」

と言ってくれている。

ありがとう。

今晩もお願いします。 

夕方迄は、塾にいます。 でも、本当にもう治ったから。

なんか、すっごい身体が軽い。

わかってます、錯覚だって)笑

オーバーペースにならないように今日からまたがんばります。


夕方から夜にかけて

コンディションが最悪になる。

胃がムカムカする。

栄養剤を買ってきて飲んだ。

効かない。

だまだまし中3の授業をする。

吐くほどではない。

足が重たくなってきた。

風邪じゃない、寝不足だ、風邪じゃないと言い聞かせる。

あと1時間、なんとか持ってくれ!

(こんなん書いてるんだから、大丈夫だろ〜〜〜)

ご機嫌が斜めってね

ブログを見たのだろう。

中等部の自習生の機嫌の悪さ。

敵視ばっかなね。

それで一言もしゃべらずにやるんだったら、あまんじてその敵視を受けます。

いや受け流します)笑

今日も朝から過去問の見直しがはじまる。

間違えなしをしたのにやっぱり解けてない問題。

これのみを繰り返す。

それで本当に限界なのか?〜一人で座れぬものたちへ〜

限界を超える勉強って?

年末にそんな話をとある人と話した。

これはあくまで例えで、限界ギリギリまでってことである。

お前の

努力

がんばった

それはギリギリなのか?

本当にギリギリなのか?

本人にしかわかないのだろう。

でもオレからしてみたら笑わせるなとしか言えない。

長時間やればいいとは言わない。

でもそれは自分を追い込む1つの手段ではある。

中学受験科の生徒を見て、簡単に

「すごいね、私もやらないと」

なんて言わないでもらいたい。

はっきりと言う。

無理だね、急になんてできるわけがない。

ここ迄追い込むのに、どれだけ受験科の生徒が積み上げてきたと思う。

高2の先輩らのオンとオフをはき違えるな。

お前らはずっとオフの割合が長すぎるんだよ。

まずは一人で座れるようにしたら?

SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院