FC2ブログ

塾頭の徒然なるままに

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
静和学院のブログへようこそ!

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
93位
アクセスランキングを見る>>
0 コメント

そこまでしないといけないんです

小テストの追試をすると子どもは考えもせず答えを丸暗記。漢字や単語ならまだいい。記号問題が厄介なのだ。だからそれを阻止することにした。漢字テストについて。読み方の異なるものを1つ選べ。(1回目)全て読み方を書いて選べ(追試)いそいそと辞書を引きだいたとさ。え?そんなのはどこの塾もやっている?知ってますよ、でもそれをやらない生徒を育てたい。だってそれが当たり前のことです。だから口で言うだけに留めておい...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

ポツポツ質問を受ける1日

長い1日がそろそろ終ろうとしている。受験科は当たり前だが、やって来たのは高校生3名と中学生が4名である。正直、受験を控える公立の中3は一人して来てない。そりゃさ〜、横綱相撲ばっかりの志望校だけどさ。あともう少しで届く高校を目指す意気込みはないようだ。違うな、家でやっているんだろうね。心置きなく、中学受験に専念させてもらった連休2目である。...
記事の続きを読む
0 コメント

小学生が先輩の奮起をうながす

昨年末から毎日のように受験科の小6が朝から晩までいる。塾に来たら必ずその2人はそこにいる。そんな姿を見ている中学生や高校生の一部が、休みでも塾にやってくるようになった。小学生がこれだけやっているんだ、先輩としての意地をみせてもらいたい。そして、高2がいよいよカウントダウンを始めた。...
記事の続きを読む
0 コメント

小さなからだいっぱい

N中の試験後に2人が姿を現す。見るからに押しつぶされそうな雰囲気を漂わせる。いつものように接する。「2人で算数の自己採点をしてみ〜」TKOのお母様も見えた。今日はSRのお母様も見えた。子どもだけでなく親も不安は拭えない。これが中学受験である。いくら安全圏の試験とはいえ、絶対の保証はない。当事者である子どもにとっては、口では何と言っていても「不安」が重くのしかかる。小さなからだいっぱいに不安を抱えている。で...
記事の続きを読む

静和学院

生徒募集 2020/3/16現在 中1 3名 中2 3名 中3 3名

SEIWAGAKUIN RANKING

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

月別アーカイブ