FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
137位
アクセスランキングを見る>>

腰はだましだまし

腰の様態を気遣うコメントをいただきましてありがとうございます。

だましだまし動いています。

痛み止め入りの湿布を腰に3枚はりつけ、なんとか)笑

正月に少しでも回復すればと思います。


さて、今年度最終の今日は、中3の講習のみ。

終わればすぐに、お世話になった方に挨拶に回ります。

親不幸ですが、親は後回し。

今日、改札を出ると、孫を待つ1組のじーちゃん&ばーちゃんが。

自分の横を駆け抜けていく子どもが2人。

じーちゃん&ばーちゃんの満面の笑顔。

とても幸せそうでした。

オレは何もできていない。

自分のわだかまりがあり、やはり中々、実家へ向かわない。

奥様が定期的に子どもを連れていってくれているのはわかっている。

気をつかって。

来年はもう少し、オレわだかまりが小さくなるといいな。

と、少し微笑ましい光景を見ながら、戦場へ入る。

講習に入り、やっと受験生らしい姿が全員に見られる。

おそい。

それでもそんな言い訳を言っている暇はない。

いち早く受験モード入りのTKMは英語がかなりよくなった。

このまま突き進め。

ヤルキーズ5は、やっと言われたことを真摯に向けとめたか。

社会を毎日することをやり始めた。

社会はすぐに点数に現れる。

本人次第だ。

全国入試問題の社会をやり始めたのはRUSK。

北海道からスタート。

正月休みは社会のみやりなさい。


学校の宿題と私立入試対策が入り交じる忙しいことだ。

しかし公立受験をする以上、最後の提出物だ。

宿題は必ずやるように。

そしていつも言うように、時間を大切に。

宿題に時間をかけすぎるわけにもいかない。

ここまで



毎日決めて

終われば、

私立の過去問および配布したやり残しのプリントをやる。

さ~、今日も腰はさいあく。

でも、不思議。

授業中は気にならない。

気にしてなんていられない。


スポンサーサイト

一気に全開

中3の講習はあっという間に終った。

次から次に採点をし、間違えた問題をひとりひとり教えていく。

「先生、解答はないんですか?」

「ある。だけど渡さない。」

採点をし、一問一問間違えを教えている以上、いらないはず。
てか、それが一番の解答やろが。メモするなり、今一度自分でまとめ直しなさい。

社会をサボり続けた者はまとめプリントをやっている。
「覚えるだけ」
それをやらなかった者が悪いのだ。しっかりと覚えりゃ、すぐに点数に現れるんだ。
一日4枚、6日で終わる。それを毎日繰り返すこと。確認はする。しかし自分でも家でやらないかん。
あちこち飛びまわり気づけば3時間半があっという間。

「先生~授業時間過ぎてますが、いいんですか?」

あ~時間は残酷に過ぎて行くなまったく。

離脱ね

ひとり離脱。

年内いっぱいってことになる。

理由は勉強量に比例して、得点が比例しない。これが一番だと推測する。
個別にするとか。

ん~つらいね。

塾である以上、授業が優先される。ある程度まで理解したらその先は本人の反復が必要となる。
そして新たな単元に入る。この夏休みから年末までは、一挙にペースが上がる。覚えることが増え、またきちんと整理しなければ、各教科つらいね。

その整理をしている講習での離脱はつらい。休み明けの実力では英語と数学は今の段階でかなり上がっている自信がある。
残すは暗記のみだったから。

残り使用するプリントは年末に全部渡すからね、約束は守から。

同じプリント

尊敬する先生も今日のブログでアップしている。

見事にその通りだと思う。

同じプリントで同じ問題をやろうとしない。

1度やったらそれで終わり。

やらせてみると壊滅。

見事にここ最近の生徒に多い傾向である。

もちろん何と言われようがやってもらう。

しかしそうすると生徒の態度が激変。

まったくもってやる気のない対応。

あげくにはこちらもイライラして口に出さんでもいいことが出る。

ひどければ、

同じことばっかりやらされて、教えてもらえない。

となることもある。

まったく理不尽である。

高得点を叩く子に限り、このような状況はない。

塾には確かに生徒にとれば、たくさんのプリントやテキストがある。

しかしそれを全部やるだけやって

勉強をやったな~ 満足満足。

点数とれるぞ~

なんて容易に考えている。

いつまでそんな間違ったことをするのだろう。

学校のワークと同じだ。

なぜ学校のワークは繰り返しやる?

提出があるから。

違うだろ。

そう考えているうちは点数なんてとれはしない。

同じ問題を繰り返し、間違えたらやり直す。

覚える問題は、間違え直しをしながら覚える。

これが一番効率がいいと思うよ。

中3には、プリントをこれでもかと言うぐらい渡してある。

特に過去問の類いは大量にあるはずだ。

全て、やるべき問題に関しては、間違えを解説してある。

それを反復するのが今の生徒の一番の最優先だ。

最新の過去問は、年明けに行うつもりだ。

決して、忘れているわけではない。

こ 腰が

なんでもないはずだった。

ただ落ちたものを拾う動作で見事に失敗。

腰に一気に体重がかかり痛める。
運動不足だな。

捻ったようだ。

あるけるしぎこちないが屈むことはできる。

しかし痛みが伴い、鈍くなる動作ご老体やな

痛み止めの湿布を貼って、過ごすことになる。なんちゅ~をこんな時期に抱え込むんだオレは
情けない

明日からの講習は、屈むことに苦労します。

生徒へ
横着だが、立ったまま質問に応えることがあるかもしれない。ご容赦願います。
へっぴり腰のオレを笑って下さい。m(__)m

失敗やミスしたらそれで終わりなの?

待ち人たちに今週は2度ふられた。)笑 怒

力のなさを反省するべきなのか。

サポートを頼んでいた教え子には申し訳なかった。

この埋め合わせはします。

口約束でも約束は約束。

こちらはそのつもりで準備をする。

連絡があればいたしかたない。

それもない。

誰がために時間を作り出したんだろう。

もう忘れよう。

しかしこの行動は、社会に出たらソクout!

1度は許される。(人による。会社による。)

しかし2度はだめ。

オレはそう持っているし、それが能力だと思う。

失敗したことから学ぶことをなぜしない?

もう1回。

気持ちを改め、今日をがんばるぞっと!

イヴですね

関係なく塾へ出る。

昨日は一切をシャットアウトし、家族サービスに集中

普段できないことを。

子供と飯を食べ、買物に出かけ、子供と双六

今時、双六って。

家族4人で双六がしたい

と 郁実がいつぞや言ったそうな。

やっと叶えてあげられた。

合計4回やりました。

正月には違う双六がしたいらしい。

あ~やりましょう

休み明けすぐか~

中3のK中の一人が、テスト範囲を持参。

見た感じせまい範囲。当然か。

しかし公立を希望する者は、手を抜くわけにはいかない。

まったく厄介だ。

得点力はついているが、内申が動かない昨今。

これが一番ネックだ。

今年の高1が入学してからの情報によると

北 30  
多治 28
土商 23

で入学した者がいるとのこと。

おおよその内申基準より 5から6も低い内申だ。

当日の点数がずば抜けていた?ということだろうか。

去年は内申が高い生徒が多かった。

今年は逆に内申は低い目だが、得点力はある。

ん~~~、どうなんだろう。

5:5 とはいえ、判断がつかない。

それでも内申が劇的に動かない以上、点数勝負に持ち込むことになる。

やはりここは、目の前のテストを1つ1つ乗り越えていくのがいいだろう。

 対外模試 後期期末 私立入試 特色化 公立入試 

休んでいる暇はない。 渡したプリントを愚直に解いて、しっかりと指定された問題を復習してもらいたい。



中3復習その1

今月初めから中3にさせてきた公立入試レベルの数学の結果を眺める。

ばらつきはあるものの、極端に正答率が下がるのが方程式の分野。

とくに連立方程式の文章題は極端。

解ける者と解けない者。

解ける者には更なるステージとして、私立でしか見ないような問題を。

解けない者には、基本は省いて、よく出るパターン20題を。

今日から配布してやらせます。

振り返る

昨夜、高校生の振替があった。

中学生が終っても当たり前のように居残るわけで。

「早いな~先生。もうすぐ私立の入試だよね。」

「あ~」

「なんかあっという間に1年が過ぎたな。毎日塾におったけど不思議と楽しかったよね~」


な~んて、まわりに同意を求めるんわ、YRK。

しかし今年は極端だ。
まっ去年もいい意味で極端だったのだろう。
ギリギリの勝負がたくさんあったからね。
それでも不思議と全て勝つ自信があったのは事実だ。

今年はどうだろう?

勝つとか負けるとかでなく、既に勝負がついているような空気をかもす生徒が多い。
その中で、気をはく生徒を叱咤しながら走らせる。
ほとんど伴走しているようなものだ。今年は今まで送り出してきた学年と明らかに違うんだよな。

多分、表に出ないだけで、内ではいろんな葛藤を抱え込んでるんだろう。
男が多いってこともあるか。
もっとぶつかってこればいいんだがな。
牙を隠した草食系の男子へ
いくら磨いても、使わないならいみがない。家でやれているとも思えない。 月曜日はまちぼ~けだった。残念

やっぱりいかん

昨日は、塾へ出るつもりがダウン。

塾でも家でも咳をするものがいる。

マスクをして対策をとる。うがいもする。

しかしどうやら自分にも来たようだ。

喉が痛い。

すぐに薬を飲んで休む。

子どもたちからはブーイングの嵐だ)笑

ごめんなさい。

熱はないが、咳で体力がうばわれる。

あと2週間は突っ走らなければならない。

どうかぶっ倒れるなら、正月にしてくれ。

そう願い、今日も体力を温存する。

心配なので、朝一で薬を調達しにいく。

いつもと同じ漢方薬の後藤先生のもとへ。

その場ですぐさま1包いただき、家族の分までお気遣いを。

ありがとうございます。

消耗が激しいこの頃、体調管理には生徒以上に気をつけなければ。

まして生徒にうつすようなことはできない。


昨日は、宿題をやっている生徒から何度かメールをもらう。

その都度、返信をしていく。

いやはや便利になったものだ。

そして同時に申し訳ない。

特に英語の長文をわざわざ打ち込むのは、たいへんやったやろうね。

少しは訳に立てようでなによりだ。

家にスカイプがあればいいのだが我が家にはない。)笑

質問があれば今日来てくれよ!

素直なやつ

のらりくらりと過ごしてきたKTR。

ここ最近、塾へ来る回数が増える。

私立中ということで、高校受験はない。

しかし学習面では中3のこの時期にすでに高校範囲に突入している。

そろそろ本腰を入れないと、志望大学へは行けへんぞ。

そんな話をしたら来るようになる。

素直やな。

もともと素直おおらかなやつである。

しかし欲が無い。

試験では、追試にさえならねばいい。

そんな具合だ。

これを少しずつ変えないとな。

塾内での先輩として人気が高いKTRだ。

こやつが変われば、また後輩への影響も大きい。

期待してまっせ。

今日も来ないと言っていたが、一番で塾に来て鞄を置いて一旦帰宅。

「ご飯たべたら戻ってくる。」

あはは、やっぱり素直やな。

この冬は英語に取り組んでもらいたい。

どうしてもあいまいなまま、高校英語へは進めない。

もう一度、英語の基礎を固めることだ。


今日は受験科の授業から。

来週イヴの週テストまであと1週間だ。

理科からやります。

ふせて問題を配布

中3には公立高校対応の問題を、自習組に配ってやらせる。

すると8割を有に超えて来るものがちらほら。

去年先輩はそこまでいかなんだ。

点数だけで判断すれば、北高へ進学したHNKやRSやYUTを上回るできだ。

それも年内のこの時期に。

それでも去年のように自分自身がなんか押し切れていない感がある。

それは中3全体を支配する緩んだ空気感なのだろうか。

どうにかなる

そんな感が見え隠れしている。

去年は中3全員が、ほぼ毎日来ていた。

それが今年はないのだ。

来ている者はいる。

それでも安心して見ていられるのは数名。

それ以外は、来ているには来ているが、ノラリクラリ。

追われている気持ちがない。

追う気持ちもない。

これがゆとり世代の弊害なのだろうか?

そう簡単に言ってしまうのはどうなのかな?

どうしても受かりたい。

その気持ちをもっと全面にだしていいのではないだろうか。

必死になるのはなんか恥ずかしい、そんなのださい。

まわりと一緒のほうが安心だろう。

でもそんなんでこのまま行けば先は見えている。

そんなほうがださいと思うのですがね。

まっ、個人的な意見です。あくまでも。

でも、そんな全力受験生を突き進んでいるやつにはとことん付き合う。

去年のような奇跡を今年の中3にも見せてやりたい。

そのために昨日もやって来た中3は、それぞれが取り組んでいた。2名だが・・・。


さすがに驚いた

昼間、キャラクターのカートに乗って買い物をしていた下の子ども。

いきなり泣き出す。

見ると床に伏せとる。

抱き起こすと、おでこに大きなたんこぶ。

みるみるでっかくなっていく。

すぐに泣いたし、歩いたので大丈夫かと思うが、買い物中止ですぐさま市民病院へ。

救急車呼ぶより、この状況なら、オレが車で行った方が早いと判断する。

車中で緊急窓口に電話をして承諾を得る。


着くとすぐさま、準備が整えられており、レントゲン。

CTは様子を見てから。

下の子もすでに見慣れた先生が対応してくださる。

「カートから落ちたの」



自ら3歳が説明している。

少し安心する。

先生のほうからも、

「たぶん骨折や血が内部で溜ってるなんてのはなさそう。

でも今日は注意してみていて下さい。」

と言われ、

「何かあったら今日はずっといるんで~。」

なんて言ってくれる。

ありがとうございます。

こんなとき家族の見になってくれる医者を知っていることは心強い。

年末でいろいろドタバタある。

ふとした気のゆるみが思わぬことにつながる。

一瞬目を離した自分が情けない。

カートにおとなしく座っていなかった時点で諭すべきでしたね。



昨夜は、中1が早々と社会のテストにうってでる強者が2名。

月曜日に渡したプリントだが、どうやらしっかり家でやれた様子。

英語は、4枚目まで解説が済んだ。

残り2枚もこれば個々に解説をする。

年内に6枚をきっちり終わらせてみませんか?

昨日は疑問詞の疑問文を重点に置いた。

さてさて Are you how old? なる解答も飛び出る。

しかしいいミスです。

あと1歩でしたね。



更新できてないぞ

忙しい。

昨日、ようやく最後の中学の期末が終了。

そしてすでに講習期間に入っているため、延長授業である。

これもあれもやらせたいが、欲張るといいことはない。

この冬は、中1と中2は英語と数学の定着をメインにして(年明けの実力テストのため)いる。

テキストを1冊丸投げしても中々やれないだろう。

そのため、プリントを渡す。

英語は6枚と数学は4枚ほど。

これをバジョーンをかえて、次々にこなしてもらう。

これに延長時間分として社会と理科のまとめプリント。

こちらの社会と理科は、必要最低限をまとめたプリントです。

この必要最低限は必ず覚え、いつでも知識として、引き出せるようにしてもらいたい。

そのトレーニングプリントである。

今日も中1は英語から入る。

月曜に英語のプリントを解説したが、やはり人称でつまずくし、動詞の識別があいまい。

6枚のプリントを繰り返しやってもらいたい。

年明けに一挙に6枚のプリントがテストできるほどにね。


もちろん塾ですから、学校よりは余分なことも出て来るけど覚えてね。必要になりますから。

生徒と生徒の間を飛び回ることになり、授業が終わればクタクタ。

それでもこの冬は、考え抜き、選び抜いたプリントで生徒に対応したい。

自転車操業でプリントを毎日作ります。

感謝 感謝

ブログで好き勝手書きまくる。

生徒にとり、見る人が見れば、誰だかわかってしまうわな。

そんな中、ブログに取り上げてもらいたい

そう思う生徒もいるようです。

贔屓しているわけではないが、やはり自習や毎日来る生徒ネタになってしまいます。

すまんね。

やって来る生徒には必ず声を毎回かける。

それは忘れていない。

当然、小さな小さな塾なのだから当たり前か)笑

それでも見ていないだろうと思っているやつがけっこう見てるんだな。

ありがとう。

お前は塾では静かだ。

お前は塾で語らない。

それでも最近、続けて塾に来る回数が増えたのは知っとる。

だけどオレはそれを褒めはしない。

何も言わないわけじゃない。

だが今はお前が考えやるべきことをしているのを見ています。

他の生徒や卒業生がやって来て話していると

聞き耳をたてていますね?

そして時々、笑う。

誰も気づいてないと思って。

そして

「なるほど」

と思った時は、うなずいているよな。

もっともっと聞きなさい。

すごく大切なことだと思います。



自習について、席を決めているわけじゃない。

それでも暗黙のルールがある。

いつもそこにいる生徒がいるからだ。

そこは自然と避けるのは、毎日来ている生徒のみがわかる。

それが自然とわかればいい。 そう思う。

変わろうじゃない。

変える。

その意思があればきっと変わるはずだ。

掃除でもしようか

教室に入ると、よごれている。

先週使ったテキストが積み上げられている。

上から上に物を置く癖がある。

どこに何があるのやら?

いいえ、自分ではわかっているのですが。)笑

生徒が

「先生、テキストどこですか?」

と言われないうちにやっときましょう。

外より室内は寒いですね。


終わったら、預かったテストの採点などをして小学生のが来るのを待ちます。

来年のために

結果そうなる。

日曜日に塾にいたのだが、中3は現れず、中2がぽつぽつ。

今月は4日の夜以外は、塾にいたわけで

まっ色々と生徒にはあるんだろうな。再来週の24日は閑散とするんだろうか?

とふと思う。

それでも一人来たらやる。
まっ、子供の時は別に、学生の頃からクリスマスイウ゛もクリスマスもオレには縁ないわな
なんか自分で書いて寂しくなる

今日から冬季講習とし、通常授業は延長となる。
延長時間は普段は中々確認迄はできない理科や社会をしよう。
今日から中1は英語に時間を費やす。そして理科か社会。
中2は先ずは数学の関数だ。+英語の不定詞に戻る。延長時間は化学反応をします。

中3は先週見つけた弱点範囲をやるようにします。
一人ひとり違う。やるべきとこを指示します。


この時間の電車は空いている。
手持ち無沙汰で、携帯からの更新しています。

さて、今日は小6の英語からだ。Listening第2回だ。

朝から塾へ

一人で塾に朝から入る。

経理の仕事をしないといけない。

一人でやっていると裏方の仕事もたいへんだ。

静学生へ

と言うことで、伝えたとは思いますが、今日も塾やっています。

勉強をしたいならどうぞ。

現在、1名勉強中ですよ!

今日もあと少し

教室内は、高校生の化学の授業が進んでいる。

自習で残っているの中2が2名いる。

来週までに100Pの宿題を出されたYUKと来週期末のAYKだ。

質問がポツポツ。

それに応えるのみ。

中3の授業は、過去問を押し進める。

しかしなんか知らんが、疲れているのか、ピリっとしない。

「お前らの受験だぞ。」

叱咤するしかない。

今月1回しかまだ見ていない者がいる。

連絡はない。

申し訳ないが、最終通告をもし来たらするつもりだ。

他の受験生に影響する。

個別授業ではないのだから。

外は雨が降り出した。

帰りは濡れて帰ることになりそうだ。

徹底的に復習

もう始まっているが、復習に各学年突入している。

冬休み明けの実力を見据えてもらう。

中1は数学を終え、英語がメイン。

中2は関数と方程式を突き進む。同時に英語の比較。

中3は私立の過去問と塾内の去年の先輩たちの実力テストの過去問。

毎日の赤ペンの消費量がはんぱない。)笑

それだけ、採点をして書くことが多い訳で。

週に1本はオレの赤ペンインクがなくなる。

昨夜は、自習でやって来た中3はKTK一人だった。

数学の相似と三平方を指示する。

ふと見やると頭がゆれとる。

起こす。

トイレに立ち、戻り、テキストとにらめっこ。

誰も助けてはくれない。

やるのはお前だ。

高校に入学したら今まで通ったことが通らない。

しっかり自分でやることだ。

昨日質問した問題形式はよく出る。

半分までは解けていた。

あと1歩。

努力されたし。

今日の夜は過去問をやります。

やったな~

昨日、推薦をもらった生徒たち。
おめでとう(v^-゜)

内申をとるのは昨今難しい。

胸をはっていいんだよ。

一番嬉しいのは、散々学校に振り回されたTKMかな

見ている者は、しっかりおまえを評価してくれたんだ。
不信感を抱いたことだろう、誰にとは言わないが。しかしこれが正当な評価だとオレは思う。よかったな。
はにかんだ昨日のおまえの帰り際の顔が忘れられない。
これで試験は3教科だ。今日からは英語漬けやな。

小学校お受験

まっ、こんなものか。

親の大変さがわかりました。

私立小に通わすメリット。

個人的には、小学校からはいいかなってな感想。

まだ自分の裁量でどうにでも子どもを見てやれます。

中学、これはちっと考えますが)笑

今日も冷たい雨

木曜日? ふと思う。

曜日感覚がまたいつも以上に失われている。

昨夜は気づけば終っていた。

中3に相似を一気に教え込んで行く作業に集中。

終った者から三平方に入った。

中1は昨日迄に数学の全復習プリントをさせた。
来週からは英語をメインに、復習をする。

毎日が細かな指示を出し、それを確認することで終わる。
こんな毎日が続く。
受験生がんばれ。

それはダメ!

先週もやった数学のプリントを配る。

同じところで同じ質問。

「家でやり直したか?」

「いいえ。」

それじゃ~ダメだ。

あのな、塾に来てれば成績が上がるわけではない。

家での見直しができんやつは、上がらない。

実力はつかない。

来年、受験で苦しむ。

何度いやわかる。


家でやらないなら塾に来ることだ。

それもしないで、

文句足れるのは間違ってないか?

塾の問題じゃ~ないぞ。

本人の問題とちゃうか。

毎日 塾へ来るということ

今回、私立N中の3人娘は、毎日塾へ来ていた。

テストがあったからではない。

およそ2ヶ月、塾へ毎日来た。

そして望んだ今回の後期中間テストの結果が返ってくる。

3人娘で一番勉強が苦手なNGSは、聞いた話によると理科が他の2人と同じ。

他の2人はトップ10の常連だ。

その2人に、たとえ理科だけでも追いついたわけだ。

これまた聞いた話だと大喜びとか。

他はまだわからないんですが。

それでも動き出したのは確か。

テスト明けの今日も、休むこと無く自習に来た。

次のテストまでこれが続けば、追いつく教科いや追い抜くこともできる。

まずはトップ20に入ってもらうことが大切だ。


そして今日、中3のTMHRが一人で自習にやって来た。

社会のみ指示をした。

動くのが遅いくらいだ。

しかし今かでもやろうと思うのなら、いくらでも来ることだ。

いや来いよ。

まだ1日。

来れる日に毎日来て、社会を磨け。

そうすれば点数で勝負できる。

内申のビハインド、カバーするにはそれしかない。

今日は午前中から

午前中から塾に入る。

どうしても午後5時以降、はずせない用事がある。

そのためテストをひかえる生徒には、今日は朝から夕方までで勘弁願う。

来週は夜までいますから。

睡眠不足が少し身体に残る。

昨日は欠かさず服用していた漢方薬を忘れた。

すると帰宅後、一気に身体が重たい。

寝て起きてもその重さはかわらない。

さすがに1週間以上におよぶ睡眠3時間はそろそろ限界のようだ。


昨夜、中3は第2回目の過去問を実施。

まだまだ2回目ということで、問題の区別ができない。

捨て問を見極めてもらいたい。

その捨て問に時間を割くことで、できる問題ができない。

それが一番困る。

採点した答案を返す時に教えていく。

5年分ぐらいを解いていくうちに力を養ってもらわなければ。

新しいステージへ

小学受験科は新しいステージへ。

5年後半のテキストへ突入。

いよいよ、中学受験特有の問題範囲へ算数が突入していく。

テキストも新しい。

ここからまた気持ちもあらため、突き進んでもらいたい。

受験科の授業を終えると、今夜の中3の授業準備に追われる。

教室内は英語の補習と個別の授業が行われている。

それを聞きながら、

コピー機の前にへばりつく。

今日から2010度の私立高校過去問題へ入る。

19時スタートだ。

しまった、高校生のターゲットの単語テストを忘れている。

リミットは1時間。

なんとか、ギリギリ打ち込み間に合うかな。

今日は1001~1200の200問の単語テストです。

まだ終らんのです

今日で私立N中と、高校生の試験が終わる。

今週は睡眠3時間から5時間の日々だったが、思いの他疲れはない。
最近毎日飲む漢方薬の栄養剤とサプリを飲むようになってからすこぶる体調がいい。

終ったんですか?試験?

いいえ、今日から始まった学校と再来週から始まる学校があるわけで、まだまだその辺は気を使うわけでございます。

それよりもと言ったら怒られますが、中3の一人一人に気をつけていかねばならない。
気をつけると言うより、何をさせるかが一人一人違う。毎日やって来る生徒は話せるのでいいのだが、相変わらず決まった日の授業日しか顔を見ない生徒は危機感が足らない。

「どうしても受かりたい。」

それが伝わらない。

オレ一人だけか。

生徒のみなを、約束の地 に!

全員合格を目指しているんじゃない。

全員(約束の地)合格なんだ。

全員(高校)合格じゃないんだよな

SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院