FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
233位
アクセスランキングを見る>>

9月最後の日

中2は引き続き、不定詞の問題。

今日は穴埋めと並び替え。

並び替えが問題にてこずる生徒が続出。

形容詞的用法がやはり難しいようだ。

想定内だ。

少しずつ、ただ確実に定着をさせることにする。

もちろん学校の範囲外もね。

終わり次第、2元1次方程式の問題へ。


中3のヤルキーズは、バラバラ。

TIGに理科のイオン。

RUSKに2次関数

TMHRに動点の2次方程式の利用。

KSKに学校のワーク(宿題)。

??

「こら、KSK、それはもう終わってなあかんやろ」



愚痴る。

まったく。


YRには日曜の試験の過去問。

これで4年分の過去問をやったことに。

来月からは理科と社会の暗記に時間を費やすことを指示する。

どうしても理科と社会が安定しない。

これが整えば、点数はかならず到達する。

必ず

“約束の地” へ

オレはあきらめてない。

もちろん無理じゃない。

去年もそうだったんだから。

続きを読む

スポンサーサイト



静かとおもいきや

試験を終えた高校生が教室から消える。

そんな木曜日は静かだ。

いてもうるさいゎけじゃない。

ただ高校生が集まると、教室の空気がちがう
やはり先輩たるオーラだろう。

しかしRSがやって来て、勉強しとる。何か変わったね

そんな木曜日は中等部だけだから慌ただしくないはずが、そうも言ってられなかった。

中3のTKMとKTKが2次関数を一気に駆け抜けやがる。
作ったプリントを全部やりきりよる。
いつもこれくらいの勢いでなんて想っていると、

「次をよこせ~

とばかりに、オレの様子を伺っている。

結局、関数の利用まで突入した。
かたや中2のIRHは不定詞の3用法を教えたら、スラスラ訳す。こちらもプリントのストックを全部やりきりよる。
今日は何があったんだ?

と思うが、嬉しい忙しさでした。
夕方からの身体の節々の痛さもいつしか忘れたわ。

そんな立ち回りをしている中、

中2の試験真っ只中のKRNとNGSは明日の数学独演を勉強していく。こちらは既に一度やった問題。
まっ見直しやね。

MWは2次方程式の解の公式をする。まだ公式をやり始めたとこ。

「はい、あと5回唱える」

素直に従う。

終り次第、プリントを渡して、実際に公式にあたはめて計算させていく。

風邪っぽい身体に鞭を打ってやって来たのはYR。

「明日の理科のイオンのテストあります。」

復習させる。

こちらもMWと同じように口頭試験をさせる。

塩酸の電離 塩化銅の電離やらを矢継ぎ早に試験。

熱気漂う、久々に木曜日でした。

最終日

今週は朝から深夜まで忙しい。

テスト期間ということで仕方ない。

時間をやりくりすること多々あり。

どうしても睡眠を削ることになる。


今日も昼過ぎに来ると、KRNがすでに勉強している。

「数学で1問ミス。」

先制攻撃を受ける。

手痛いミスだ。

解けなかったわけじゃない。

これが一番あかん。

しかし全体的にOKの様子。

明日の最終日の勉強を今はやるしかない。


今日は中3の岐阜新聞テストについて保護者から問い合わせがありました。

正直、昔ほど重要性を感じられない。

特に2期制になってからだ。

4回全てを受けることのメリットが個人的に少ないと考える。

過密スケジュールなのだ。

だから3回目と4回目のみ

もしくは4回目のみ

でいいだろう。

学校では9月から12月までに中間と実力が毎月のようにある。

それにうちの塾のように、市内のほぼ全中学から生徒が集まっていると

データがある程度そろう。

だからこそこんなことが言えるのかもしれない。

全地区の中学生が強制的に受験するのならデータの確実性もあるのですがね。

今週の土曜日に中3がそろった時に3回目と4回目の申し込みを用紙を渡すことにしていたから

こんなことを書いているわけで)笑

「3回目の申し込みは昨日まででは?」

そうです。

でも大丈夫です。塾申し込みはまだ間に合います。

静和学院は、全員強制に受けろ  な~んていいません。

必要なものだけ、必要な時に、しっかりと生徒へお願いします。

保護者のみなさま、よろしくお願い致します。

今日来た生徒には、しっかりと話をして、模試の用紙を渡します。

そしてもう一度、土曜日に確認をします。

遅刻やん

朝方の2時過ぎに帰宅。

すぐに寝るつもりが、寝付けない。

PCの電源を付け、プリントを作る。

4時過ぎ、PC机でいつしか撃沈。

8時には強制に起こされる。

幼稚園へ行く子どもがいる家は朝は戦争だ。

昨夜は、高等部のKZMの家からいただいた差し入れのシュークリームを食べただけだが、

朝起きても食欲はない。

ヨーグルト飲みにする。

さすがに3日目もこんな生活をしていると疲れがたまる。

しかし高校生もこれまた同じ。

今日も昼過ぎには塾へ向かう。

つもりが、

気づけば1時を回ってる。

しまった。

ソファーでいつしか撃沈してしまった。

慌てて車を飛ばして、家を出る。



塾につくと初日のテスト終了のKRNと高校生のYRKが勉強している。

オレがいなくても、自分でやれる2人で一安心。


少し体がだるい。

横になって寝てないから、体が悲鳴をあげている。

今日は気力でカバーする。

昨日はじわじわ

「先生、もう~不定詞がぜんぜん。」

いつの間にか、駆け足で英語が進んだようだ。

ここ2週間ほどは、1次関数と電流に時間を費やしていたからな。

申し訳ない。

ならばと、不定詞をまとめて説明する。

ちょうど来月のためにと打ち込んでいた「不定詞プリント」が完成している。

名詞的用法 副詞的用法 形容詞的用法と細かく解説する。

「えっ、そんなことまで覚えるのですか?」

「もちろん。」

副詞的用法に関しては、

be happy to be glad to  be sad to までつっこんでいく。

初めは苦戦していたが

プリント7枚&テキスト3ページを終えるころには

きっちり理解し始めとる。

次回は、もう一度復習する。



昨夜は高校生がそろって午前1時までねばって勉強していた。

テストは明日で終わりだ。

しかし今日からはN中のテストが始まった。

まだまだゆっくりしてらない。



午後1時

塾に来ると

N中3人が塾で勉強している。



オレは説明会があり、ギリギリになりそうだったので

鍵はいつものとこに置いていった。

しっかりと開けて、各自でやっている。

オレは静かに教室に入り、空気となる。

明日から前期テストだ。

指示することはなにもない。


午後2時過ぎ、高校生の1番のりはYRK。

こちらはテスト2日目だ。

昨夜は、授業後に中3のYRが自分のことを語る。

内容は書けない。

正直、YR自身が自らオレに投げかけてきた。

応援する。

力になれるならなってやりたい。

あきらめずにその目標を今一度持ち続けてもらいたい。

うれしかったよ。


中学生がいなくなると、教室に残るのは高校生のみ。

0時のシンデレラで、お嬢3が帰宅。

送っていく。

教室には論文のデータを打ち込む永冶(名古屋大学院)とKZMのみ。

KZMは数学をやっている。

残りは文系のオレでも教えれる範囲。

永冶は明日も大学院がある。

論文の構成にきりがついたとこで

「先にあがってくれ。」

と伝える。

オレが帰るまで居続ける必要はない。

しかし気を使っていつも残ってくれている。

ありがたいことだ。 テスト期間じゃなければ飲みながら話をしたいとこだ。

「すんません、では先に」

永冶も帰宅。 



それから

KZMの数学が午前1時過ぎに終了!

今から迎えに来てもらうつもりのようだ。

「KZM、送って行くよ。」

車の中、久しぶりにKZMと語る。

サッカーのことに話題が集中する。

市内のサッカー部の状況が手に取るようにわかる。

自分の頃とは当たり前だが、変わっている。

深夜の男2人での数十分のドライブだ。



夜は饒舌になる。

秋の夜長、楽しい時間が過ごせた9月最後の月曜日でした。

いきなり秋

高等部のテストが始まる。

塾へいつもより早く来ると、すでに勉強している。

精進されたし。


秋の気配が一気に押し寄せてた感がある今日このごろ。

塾では受験という2文字が忍び寄る。

受験生は、感じているだろうか?


帰還

昨夜、日付がかわる前に帰宅。

そのまま沈む。

家族は楽しんだようだ。

オレは、授業はともかく、先輩がたからの温かいダメ出しに少々凹む。

ないものねだりの己に反省だ。

しかし経営者として塾先を退くつもりはない)笑

先輩、すみません。

あまっちょろいですが、これからもよろしくお願い致します。



静学生へ

現在 9月25日の午前12時35分。

これから塾にいます。

自習に来るものは、どうぞ待ちますorz

3連休も働きますよと業務連絡

明日は研修に行く。

奥さまと子どもも同行。

まっ、子どもらは遊園地など観光。

わたくしは、他塾(関東大手進学塾)での研修です。

日曜にのんびり帰るのを取りやめ

土曜の研修が終わり次第、帰宅。

週明けからテストを控える生徒が大勢。

奥さまの冷たい視線に耐えて、日曜は静和学院に戻る。

高校生は永冶先生の指示に従ってください。

中学生は日曜日に見ます。

実力や前期期末など勉強する者は来るように!

中3は土曜日専用の授業ファイルのプリントを明日と明後日でもう一度見直すこと。

いいですか?

来週の実力は市内統一です。

もがけ

あげけ

藁をも掴む気持ちでやれ。

日曜は午後13時には開けれるはずです。

ダメな場合は、更新します。

お知らせ

現在15時00分

塾に着きました。

わたくしの住んでいる春日井市。

それも庄内川と地蔵川に挟まれた地域。

ニュースでご存知の通り、避難区域(強制ではないようですが)。

ご心配をおかけ致しました。

昨日はドタバタしてご迷惑もおかけ致しました。

「大丈夫ですか?」



たくさんのご連絡&メールありがとうございました。

何事もなく台風をやりすごせました。

しかし被害に遭われた方の情報も耳にしております。

心配です。


静学生のみんなへ

今日は無理に塾に来る必要はありません。

塾頭は今から夜までおります。

状況を見て判断くださるよう、保護者の皆様、よろしくお願い致します。

午後の多治見の状況

何も知らずにいた。

多治見はすごいことに。

道路が冠水。

負けずと春日井もすごいことだったのですが。

これはたどりつけないよな。

塾は1階。

もしかして浸水してないだろうか?

ムムム、心配だ!

本日は休塾

申し訳ございませんが、休塾とさせていただきます。

ご連絡がとれずご迷惑をかけました皆様、申し訳ございません。

静和学院  塾頭 千葉 

塾先 保護者様へ

現在、車で向かっていますが、

あちこち通行止めで

多治見にまだ入れません。

16時過ぎ現在m(__)m

やっはりね

3時少し前に駅に勝川駅に着く。
当然は動いてない。

仕方なく家に戻り、車で行くしかなさそうだ。

来る途中、川が氾濫寸前の水量

土曜日の自習

昼過ぎから受験科の授業をする。

昨夜に続き、

角柱と円柱について!

昨日は体積。

今日は表面積。

側面積+底面積=表面積

「側面積の横の長さは、底面積の周りの長さ」

自習の高校生が、

「そんなの小5でやったけ?確か中1の終わりに・・・」

なんて顔している。

中学受験だからね!

ちなみにSR TKOの2人は昨年の小4で既に履修しているはずだ。

復習だね。

休憩なしの90分間、ようがんばりました。(あっ、算数のみ90分。その後、理科を60分)

受験科の授業が終わると、自習に来ている生徒がいつの間にか増えとる。

中3の部長(若旦那)

中2のYK(体育祭終了後) KRN(学校帰り) NGS(部活終了後) AYN(部活終了後)  AYK(学校終了後)

中1のIZM

なんや、中3が少ないのが、今年の弱いところだね。)悲

上に挙げた中2 中1は全て女子である。

夜は中3土曜講座。

宿題をしっかりとやって来たのは

YR TIGのみ。

一応、授業前に来てやり終えたRUSKもよしとする。

その他はやれていない。

約束通り、解説は聞かせない。

「今からやれ。」

ちょうど手持ち無沙汰の美沙先生と奥村先生がいる。

宿題をやって来た3人に3人の講師で解説していく。

個別だね。

宿題忘れの3人には、終わり次第、採点→解説となる。

もう一度伝える。

土曜日の入試講座は

各自で家で問題を解く→わからない問題は調べてもOK→土曜の解説授業 



流れだ。

問題をやりもしないで、解説を聞いても意味がないですよ。

別に追い出したりはしない。(先生、甘くなりましたねと言われそうだが)


9 10 11月、中3はこの3ヶ月が入試でどれだけ勝敗を左右するかわかっていない。

どれだけ言えば、おまえらに響くんだ?


誰のためでもない。

自分のために勉強せんかい

と言う。





そして生徒にいいながら、

己にもいい聞かせて、体に鞭を入れる。

「お前もがんばるんや。」 って。

花 彩 凪 へ~業務連絡~

明日はお休みです。

KRN、大会がんばってください。

明日は各自、

英語Aのワーク(73ページまで)をできる限り進めること。

理科のワーク電流の範囲を全て解いて、わからない問題をチェックすること。(金曜日に指示したよね。)


19日の月曜日は 午後2時に集合するように!

約束通り、

理科の電流の問題を全て解説します。


19日の月曜日は 午後2時から塾におります。

その他の静学生で自習をするものは来て下さい

受験科5と小6


ちょうど振替で来た小6が

「来週から角柱に算数入ります」

と言う。

ついてる

受験科5も今週の単元が

「角柱と円柱の体積と表面積」 だ。

一気に教え始める。

金曜日のお手伝い

午後2時前に家を出る。

塾へ行く前に郁実を幼稚園まで迎えに行く。

いつもは園のバスだ。


しかし金曜日だけは唯一の習い事の日ためお迎え。

オレが来るのを楽しみにしているたみたいなので毎週できる限りお迎えを引き受けた。

親馬鹿である。

郁実を迎え、駅で降ろしてもらい塾へ向かう。

いつもより少し早い。

16時過ぎから小2の授業がある。
前回は国語を取り組ませた。
今日で3回目。

スタンドライトの下で

「教室の壁側の自習席が暗いです。」



生徒から言われる。

確かに暗い。

今までそこの席は荷物置きとなっていた。

自習に来る生徒が増えて来たってことか。

午前中にスタンドライトを買いに行く。

ついでに床に直に積み上げられている本のためカラーボックスを購入。

まずは1つお試しで。

近々運び込むことにする。

夕方の小学生の授業が振替となったため時間ができた。

教室の掃除をはじめる。

一番乗りでやって来たのは、高2のWKN。

少しするとKRNもいつものごとくやってくる。

オレは特にやることもない。

いや、来週末の研修の準備をしなければならない。

研修で受持つ授業は

「社会」

だ。

さ~てどのように授業を展開するかだ。

「先生、日本地図は○と□だけの積み木みたいな地図は辞めて練習したら。」



受験科上がりの教え子からは言われている。)笑

しかし今回は歴史を任されている。

話すネタはたくさんある。

ん~限られた時間で組み立てるのは久しぶりだ。

持ち時間は50分だ。

生徒は100名以上!

久々に教壇からの授業である。

なんでまたオレに白羽の矢が当ったのか不思議だ。

パラパラと中学受験のテキストをめくりながら木曜の夕方を過ごす。

何ともなく

戻ったのが夜中2時。

血液検査にCT検査

共に異常なし。

油断はできませんが安静に。

なんとも丁寧なドクターでした。
こんなドクターが増えて欲しい
瀬戸市のとある馬鹿病院とは大違いだ


帰宅してから眠気もない。
PCの前で中1の方程式の文章題を打ち込みはじめる。

各学校、体育祭の練習やらで授業が遅いんかな?

まっ関係なく、進めさせてもらう。方程式から関数、いくら時間があっても足らんぐらい
それぐらい毎年、

「嫌だ~」 「もうムリ~」



大合唱を耳にする。

今月は数学に時間を割きなさい。

慌てる

授業を終えた高校生らと一緒に外へ出る。

お疲れさま~と見送り

携帯を見るとに着信。



奥様から

「今、夜間緊急で市民病院です」

え、?

どうやら郁実が体調悪いみたいだ

今から帰り、病院に向かう。

腹が痛い。

ただの腹痛ならいいのだが。

密航希望者

先週末の散乱したテキストやプリントを片付ける。

なんともきたない。

いつも大学生が掃除をしてくれている。

たまには自分でやらないと。


そんな慣れないことをしていると電話が鳴る。

鳴らない塾の電話)笑

なんと密航希望の電話でした。

そしてまたもや)笑 女の子です。

静和学院、女の子多いです。

なんで?

イケメンが多いから?

なんてことはないです。

ただの偶然か。

どうやら理科が苦手なお嬢さんだとか。

明日、早速見えるとか。

期末の見直しからしてみようか。

これまた学区は初の地域。

その学区から静和学院に通っている静学生は私立生はいる。

しかし公立はいない。

これで市内の全中学からの生徒が静和学院に集まることになる。

ひたすら寝る また寝る

日曜日はひたすら寝た

家族にはもうしわけないm(__)m

土曜日の夕方から身体に異変

無理から夜まで凌いで、帰るとそのまま寝た

朝に汗だくで目覚めシャワーをし、
薬を飲み寝る。

次に目覚めたのは既に夕方

いったい土曜夜から何時間寝ていたのか?

おかげさまで回復

夕方で少し子供と散歩


何ともだらけた日曜日。

古くないか?

「あのね~ヤマトの歌とってきて?」


今朝、郁実が言う。

ヤマト?

何の歌だろうとよくよく聞いてみると

「宇宙戦艦ヤマト

だ。

どうやら幼稚園の鼓笛隊でやるみたいだ。

郁実の担当はシンバル

またえらいもんを担当するんだな~

車や家で聞けるようにiPODに塾のを使い取り込む。

格闘していると

小2のYUが現れる。

少し慣れたのか

しっかり挨拶もできるようになる。

前回の続きで

掛け算。

文章題をやらせてみると

式は作れるようになった。

意味も理解している。

そろそろ覚えさせるか。

今日は2~5の段を暗唱させる。

まだまだ

スラスラは言えない。

7(ひち)と発音するのが苦手

まだまだかわいい

宿題は掛け算を使った

ビンゴゲームの問題。

思考力を使う問題となる。

楽しく取り組んでもらえたらいい。

しかし中々難しい。

集中力がギリギリ持つかどうかな。
そのまま受験科の授業に突入

中国 四国地方。

各県の特徴から

代表的なものを確認させる。

みんなわかるかな?

今治と言えば?

タオル

丸亀市と言えば?

うどん

じゃなくて うちわ

いつも思うが細かいよな~

中学受験勉強はやっぱりおそるべし

最近は

愛媛県=みかん

じゃなく

キュウイフルーツ

な~んて聞く問題も

教えるこっちも社会だけは数年すると頭の知識を改訂しないかん。
えらいことです チャンチャン

静かだな

私立N中2のKRN AYN NGSは明日
因数分解のテストとか。

学校の宿題が終わり次第、該当範囲をやらせる。

そんな中、KRNからは予習のリクエスト

明日の勉強はいいとの判断。

まっ、既に2次方程式まで終わらせているからそれなりの自信もあるんだろう。


それならばと高校範囲の因数分解を教える。
少なくとも明日の試験範囲がしっかり身についてなければできんからね。

苦戦しながらたすき掛けや3乗の因数分解をこなしている。

授業終には化学の質問。

プロパンやメタン反応式を教えて欲しいってか。

流石に私立だな。


中3は2次方程式の解の公式と平方完成までやらせたTKMとKTK。

中々の完成度だが、まだまだ。次回もやりましょ。

それぞれが新しい単元に入るので慌ただしい
導入を丁寧にしていく。
高1YRKがいつもの如く見兼ねて手伝ってくれる。 助かる。
中3にはこれから3ケ月の大切さまで自分の体験を交え休憩中、話もしてくれとる。
重ねて感謝やね

中等部が帰ると高校生と

職業

についての話になる。

尊敬してやまないN先生も最近blogで書いていました。

仕事について生徒に語れ

その通りだと思う。

こんな時代

少し考えればわかる。

偏差値高い大学に進学する

それだけじゃダメ。

難しいが先を見つめて進学をしないといけない。

静学生はわかっている。

だから語る。

おかげさまで、同級生は医師から弁護士 税理士 公務員などを初め、海外に飛び出した奴もいる。
ある程度語れる自負がある。

参考にしてくれたらいい。
現実を見たくなくなる話もある。しかし話す。
それが役目だから。

話す

中1の期末数学が返却

塾に入ったばかりの者は伸びてる。

しかし当然8割 いや9割

採れていいやろって生徒がこける。

答案を見ながら

何がいけなかったか。

話始める。

計算ミスが10点以上

こりゃいかんがね。

理解している。

それだけじゃ点は採れない。

その段階から反復練習をどれだけするか。

初の期末

中間とは違い9教科。

十分に反復に時間を費やせていない。

実際、もう一度解説する前にやり直しをさせたら余裕の9割越え。
それだけ力があるんです。

「ほんとですね。なんか悔しいです。もうこんなミスはしたくないです。」

それがわかれば分析

明日からまた次の試験に向けて積み上げましょう。

計算練習を甘くみちゃいけない。
解ってる=練習必要ない

そんなことはない。

定着するまでに個人差はある。

とにかく愚直に繰り返すしかない。


「はい。」


そんな返事が勢いよく返ってくる。

いい返事だね中1

悔しい~

その気持ち大切にしてください。

デジタル処理は困ります

小2のかけ算を教える。

2の段 3の段



順番に暗記させる。

そんなことはしません。

実際に体験してもらう。

2×3 や 3×2 の意味を教えていく。

最後には実際に算数道具箱の棒を使い、式を棒で作らせる。

面白いのかすらすらと棒を使い式を言える。

もう少しこれを繰り返す。

答えを暗記をさせるのはそれから。

よく九九を暗唱させてから意味を教える。

な~んてことを聞きます。

間違っているとは言いませんが、子どもはめんどくさがります。

だから先に意味を理解させる。

とてもめんどくさいですね。

それでもこの方が後々いい結果がでてきます。

○文式が悪いとは言いません。

しかし

「デジタル処理=式を見て答え」

これは危険です。

文章題になったら必ず手が止まる。

質問もこんなんが多い。

「この数字とこの数字を×ればいいでんでしょ?」

違うと言えば

「じゃあ~÷?」

あのね~、÷か×じゃなくて、問題の意味から考えようね。

久々の楽しみな低学年 

いつ以来?

SR(受験科5)以来であろうか。

今月から小2をあずかる。

かけ算から教え始めることになる。

テキストは2年後の受験科にも対応できるように通年用を採用した。

実際に自分の子どもも使っているので内容はわかっている。

まだまだ座っていることすら正直つらいこともある。

少しずつ教えて行くつもりだ。

「楽習」

嫌いにさせてはいけない。



小2の保護者様からコメントをいただきました。

ありがとうございます。

がんばらせていただきます。

よろしくお願い致します。

机が手に入る

以前、お世話になった業者から連絡。

現在、高校生の勉強机として活躍。

色が違うらしいが見に行く。

大きな天板のほうは授業で。

少し小さなほうは自習の机として。

全部購入を即決定!

これで少し教室の中が広くなる。

クリーニングをしてもらい、今月中に納入していただきます。


今晩は中1に方程式を導入する。

すでに取り組んでいる生徒もいる。

しかし今一度しっかりと

「等式の性質」

を確認してから移項をするように。

学校がうるさいからね。

中3は2次方程式から。

中2は1次関数。

各学年、苦手とする割合が多い単元に入る。

丁寧に丁寧に、理解してもらいたい。

決して計算のやり方を暗記するばOK

なんて考えることのないように。

英語は全学年L5からやり始めます。



SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院