FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
233位
アクセスランキングを見る>>

始まった試験

現在は理科の時間か。

国語が終わり、しっかりとリセットできたかな。

昨夜、一人ひとりに伝えた。

1時間ごとにリセット。

口で言うのは簡単だが、なかなか。

私立高校一般受験。

生徒にとって、初めての本当の受験。

そこには合格・不合格しかない。

なんとかなるものではない。

「なんとかする」 

その気持ちで望んでもらいたい。

今日、受験をしている全市内の生徒へ   

がんばってください。



スポンサーサイト



あと1日


携帯からの投稿となる。

なんやらからの編集がうまくいかない。

昨夜、全員の岐阜テストの結果が出揃う。

まずyrkだが、志望定員にあと3名たらなんだ。点数ならばあと5点。しかし内申を考慮すれば合格だ。ここまで来たぞ

本人はまだ納得いかないだろうが、予定通りだ。

解らないで点数を落とす問題がなくなってきたからだ。

ここからはひたすら過去問題で精度をあげるだけ。

時間内で力を出し切るのみ。そのための反復作業。愚直に取り組んだ先に、必ず約束の地はある。

そしてyuskは定員に滑りこんだ。まずはおめでとう。

しかし昨日言った通りがおまえの弱点だ。

知らないは通用しない。自ら先に行くべきだ。そうすりゃ、おまえはまだまだ知識を吸収していく。高校の先も見据えなもったいないんだぞ。

あと2日

水曜日が終わる。

残るはあと木曜日と金曜日のみ。

このカウントダウンは、私立高校の一般試験へのもの。



水曜日は、中3それぞれにランダムに1年分の過去問を配る。

国理英数社と本番と同じ順番で同じ原稿用紙で行う。

国語はこちらで採点をする。

理科以降は、渡した解説付の模範回答で自己採点をしてもらう。

3周目の生徒もいれば2周目の生徒もいる。

西高を受験する5人で抜き出てきたのがやはりYUT。

サッカークラブが終わってから塾へ毎日ほぼ顔を出しては、

今まで塾でやった問題プリント&過去問をひたすらやりなおしてきた。

「違うプリントいるか?」

「いいえ、今やっているプリントを完璧にしてから。」&「はい、ではください。」

のどちらかの返事がくるのだが、必ずそこにはYUTの考えがある。

決してあれこれと手を広げすぎることなく、しかし確実に。

YUTの草むしりした範囲は、一本も草が残っていない。

それもすべて根っこからね。

YUTには悪いが、オレが言ったことを聞いていないようで)笑、一番聞いている生徒だ。

そのYUT、先日帰りにオレに帰り際つぶやく。

「期末の理科100でした。」

「おう、そうか。」

ブログで先日に宣言したやろ! あんたの理科は「カミ」だってね。

そして昨日の過去問も、国語100 理科95と快調に飛ばしていた。

そして中3の全員に昨日・今日で岐テの結果が到着している。

昨日みたYUTとHNKは北高の定員内に入ったね。おめでとう。

KZMも数学でこけたが、2回連続定員に入っている。

YUSK&RS&YRKののこり3名の結果は如何に?

そして気がかりは定員内だが自己採点と20以上違うHNK。

ん~何があったのだ。怖い)汗





緊張 

教室内の空気が違う。

それはやってくる中1・2を見ていればわかる。

中3が支配する受験の空気。

そりゃ感じないのはおらんやろ。

オレの

「休憩」がないかぎり、会話がいっさいない。

いつもなら気にならない雑談の声。

耳障り。

「うるさい。テスト前だぞ。」

と一括する始末。

響くのは授業解説しているオレの声。

中3の姿を見ても、何も感じず、自分の思うまま動く輩はゆるすつもりはない。

怒鳴ります。

情けない

水曜日、中3と中2が交錯する。

中3の面々は、まだやらせてない6年前の過去問を解かせる。

その対局で、中2の4人の男どもに実力テストの過去問をさせる。

「40分ぐらいでとりあえず全部とくこと。

しかしだ。

わからない問題にあたると、

「先生、あのさ~。」

と質問が飛ぶ。

話を聞いていないのか?

とにかく後でまとめて解説するから全部に問題をしろと指示した。

なのにまったくもって無視。

もう一度伝え直す。

すると

丹羽先生に質問をしだす。

何と言うわがまま。

と言うより、人の話を聞いていない。

あげくオレからも丹羽先生からも満足がえらなかった。

「まずはわからない問題は飛ばして、全部最後まで解いて。」

すると、

そのできない問題とにらめっこし始めた。

ったく)怒

中2の男4人相手に説教をたれる。

すると4人のうち2人は聞き流しているのがあきらかだ。

はぁ、~そいつらに最終警告。

「いいか、1年後絶対に口にするな。○○高校へ行きたいなんて。おまえらに選ぶ権利などない。」

静まる。

目の前の中3先輩の受験生たる姿を見ても何も感じない、情けない。


授業後、「先生、まだ気付かないよ。あの子らは。」

とは、中3のYR。

自分らもそうだったもん。

でも、きっと今日言われたこと、響くよ。

「先生、ドンマイ!」

そう願うよ。


中3の過去問は国語と理科の2教科を今日は実施。

国語の説明文で全員足をすくわれる。

8割は誰もいない。

合格者平均が7割弱。 塾内平均もそれぐらい。ん~、そこそこかな。

理科は、YUTとHNKが他の生徒を圧倒する。

この2人、理科は他の追随を許さない。

実テも私立過去問も満点射程距離にいつもいる。

仕上がり上々。

この他の生徒も、平均は8割を越える。決して全体からみればひけをとらない。

ただ、YUTとHNK、この2人は理科の「カミ」。

「カミ」 さいきんよく生徒が使うね。



土曜日の攻防

後期期末は金曜日で終了!

今日は市内の私立の推薦入試だ。

塾内からは1名が受験する。

MMKである。

その他の中3は午前中から塾へ姿をあらわす。

まずは来週末の一般私立入試へ向けて、H19の過去問の国語から。

問題を見て、気づくか?

夏休み以後、土曜日の夜に少しずつおりまぜてきた過去問。

とくに多西をすべり止めにする生徒は、今日までに4年分の過去問は完了している。

「先生、この問題見たことあるね?」

とは、HNK。

他の生徒もそのようだ。

「なんとなくそう思った。」

という顔も見える。

しっかりと少しずつ私立すべり止めの問題を授業でちりばめてきた。

だからこそ、ここでの少しの余裕。

私立終わったあとの、特色化選抜へ目を向けることもできるだろう。

弱点の社会や理科などの、補強をするのもいい。

「先生、なかなか考えてるんだね~。」

あはは、考えているわさ。

まっ、考えてないように見えるだろうけどな。


HNKとRSは、特色化の過去問へとりかかった。

YRKは理科の中2のテキストの残り1単元へ。

KZMは三平方を。

YUSKは、自分で持ち込んだ入試単元別問題集をやっている。

YUTは、女組同様、特色化過去問を解かせる。

個人戦の色が濃くなった。



先輩からの気持ち~大切なもの~

「先生これ」

「何?北野天満宮に行ったの?」

「はい、合格祈願に。自分でこんな立派なの買ったことない~。」

とは、下の写真のもの。

110113_223306.jpg

うれしいね。

自習できている、中3のHMKとRSが

「ありがとうございます。がんばります。」

いいね、先輩と後輩。

このつながりを大切にしていきたい。

ちょっと遅れます

朝7時、目が覚める。

昨夜の記憶は午前3時ぐらい。

気がつけばソファーで撃沈。

下には頂き物の芋焼酎の宝山の空瓶)笑


部屋はすでにあたたかい。

奥様が、今日の弁当をつくっている。

餅つき「happy day」 と、幼稚園の行事。

去年からつきて担当して、打診されていた。

男手がないのだろう。

午前中わりと融通が利くオレへの要請。

今日の午前中は子どもと幼稚園へ向かう。

そのため塾へ入るのが午後3時前となる。

期末テストの早帰りのK中3に少し迷惑をかけることに。


木曜日の今日は、小学生の授業が唯一ない。

しかし昨日、小6のAMとMNKへ来れたらくるように行ってある。

来週の英検のリスニング練習をしたいからだ。

そこに中1のKRNも合流を打診してある。

昨年受験予定のKRNは、中学受験のため去年英検を取得していない。

1年遅れての妥当な時期の英検受験。

まっこちらは心配ないだろう。

小6のAMとMNKは、1年間文法英語に重点を置いてきた。

これは中学での点を取る勉強である。

しかし英検問題は少し勝手が違う。

その修正を試験前に少々。

そのために授業日以外の打診。

さ~て、そろそろやってくるかな!

後期期末テスト開戦

明日よりH中の最後の期末がはじまる。

その2日後には、T中とK中が続く。

最後の評価テスト。

主要5教科だけでなく、しっかり副教科もある。

生徒にとってはハードである。

それに先日の岐阜新聞テストで弱気の心。

「もうわたし・ぼく無理だよ。○○高校にしようかな」

はぁ~、何度となく見聞きしてきたこの時期の光景。



生徒の気持ちはわかる。

オレだって経験してきたことだ。何十年まえだが。

だから胸を張っていえる。

逃げたら同じ場面、この先の人生、すべて妥協する。

大学受験も就職試験も社会人になってからも。

そんな生徒を育てることだけはオレはしない。

就職活動中、ついた渾名がオレにはある。

「潜水艦」

オレはいい意味でこれをとった。

とにかく前に!

急に方向転換はできません)笑  チャンチャン


静和学院 http://seiwagakuin.com





下をむくな!

昨日は、市内の中3が岐阜新聞テストを受けている。

静和学院からも参戦している。

「自己採点したか?」

とは、今日のオレの一言。

「・・・・・。」

返事が物語る。

しかし女組からは当たり前のようにはばからず返答がくる。

男ども、しゃきっとせい。

悪ければ前だけを見ろ。

ただの模試だ。

最後じゃない。

やれることはただひたすら勉強あるのみ。


びっくりした。

閲覧カウンターが1日で300オーバー!

しかしこれは敬愛する中山塾頭の紹介のおかげであろう。

ありがとうございます。



おめでとう!

わたくし事ですが、6日上の子が誕生日。

5歳になりました。

あいにく奥さまの実家へ滞在している子どもたち。

上の子、郁実の最近大好きなマリオのケーキでお祝いしたようです。

DSCF1893_ed.jpg

話は変わりますが、敬愛してやまない塾があります。

その塾頭のブログで静和学院をご紹介していただきました。

嬉しいかいぎりです。

いいことばかりの6日でした。

塾の中では、H21過去問、受験生全員が平均以上たたいてくれた。

まだまだ教科により各々が、やることは多々ある。

しかし今日で過去問の旅路はいったん終わる。

明日からは、後期期末へバリバリっと取り組んでもらいます。

いきなり決定、今年の重大ニュース。

あけましておめでとうございます。

さぁ~、今日から受験へ向けてと帰宅。

何かがおかしい。

しかし必要なプリントなどを鞄へつめていざ塾へと。

ふと、リビングのベランダの窓ガラスを確認しに行く。

いつもならそんなことしない。

カーテンを開けると、下の写真。





何が何やら一瞬理解できず。

新年早々、厄払いでしたね。

警察が来る。

鑑識の警察班が来る。

管理会社の担当が来る。

プラス、アパートの外は見物人。

いきなり今年の重大ニュース1位決定でしょ!


塾関係者の皆様、たいへん迷惑・心配をおかけいたしました。



SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院