FC2ブログ

プロフィール

orihomot

Author:orihomot
FC2ブログへようこそ!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
233位
アクセスランキングを見る>>

中3三昧

午前中、受験科のTKO&SRに算数の復習問題を教える。

この1年でTKOの成長がみられる。

文章題などとても手がつけられなかった。

何度、その眼に大きな涙をうかべたことか。

原因はオレからの辛辣なことば。

それでもついてきた。

それ以上にSRも唇をかみしめ、涙をこらえて1年を過ごした。

この2人、強くなった。

精神的に強くなった。

中学受験への準備の小4の1年間、2人ともに整いつつあることを感じる午前中。


ごごから一気にメニューは、中3三昧。

内容はシンプルだが、ボリュームはある。

H22の私立過去問の国語をやらせる。

西高受験の5名、採点を行う。

去年の最高得点をたたいたのは、YRKとYSK。

ともに88点。

おみごと。

塾の5名の平均は、8割を超えた。

一人ほくそ笑む。

きた、きた。

確実に成果ができた、進学校希望組。

間違っていない。

そして、冬季講習が終わっても、静和学院の塾は、夜の通常授業はそのままある。

ということで、夜も中3の授業が当然ある。

夜は理科の過去問を行う。

ここでもやってくれる。

HNKが98点をたたき出す。

それもミスは漢字の書き間違い。

続いてYSKも83点と国語に続き、理科でも奮闘。

ミスは電流回路。

しかしこれは、正答率が低い。

しかしYSKならできる。

塾内全員に並列の合成抵抗をたたきこむ。

「うそ、こんな複雑な回路がこれになるの。」

「そうや。中2で教えたやろ。みんな拒絶したが。」

「え~~~習ってない。」

こいつら、記憶から抹消してやがる。)笑

しかし今回はこの合成抵抗の便利さに気づいたようだ。

しかしだ、これでいいのだ。

ありがたみがわかったやろ、公式の。

オームの法則がしっかりして、初めて使えればいい。

しっかり頭に刻み込まれたやろ。

私立過去問と後期期末の鬩ぎ合い。

私立過去問をとかせ、終われば後期期末勉強に時間をあてる。

しっかりとやるべきことを、指示を出す。

ついてこい。


スポンサーサイト



冬季最前線

26日の日曜日、朝10時に小4の受験科の生徒を迎える。

お題は、小数の掛け算・割り算。

年明けの1月の月例模試の課題である。

塾の小等部では、小5の範囲だが、受験科はそうも言ってられないんです。

TKOとSRの男女ペア。

2人仲良く、2人旅。

おっと、忘れちゃいけないのが、SR姉のAYKだ。

学校から冬季課題がでている。

私立S中は、英語の課題がちょいと難しい。

通常、大手のレベル別塾なら、トップクラスが使うもの。

随所に、教科書範囲外の連語に単語。

おまけに慣用表現までちりばめれれている。

上手に解かせる必要がある。

「わからん単語や表現は、調べること。」

クリスマスにAYKに届いた最新の電子辞書が役に立つ。useful)笑

少し遅れて登場は、中3のYRK。

静和学院の受験生の中の受験生である。

朝から自転車で塾へ登場する。

昨日の塾休みは、図書館の学習室へ通ったそうだ。

クリスマスの昨日にね!


午後からは、K中の男組みもやってくる。

それにおまけのようにYUTの弟のTKも自習へ来させられたんかな。

TKは中1である。

とにかくさぼった前期後半から後期前半。

その穴埋めに、塾での怒涛のプリント攻撃。

少しは小学時代の、キレがもどったか。

学校冬課題の数学プリント20枚ほどを、すらすら解いている。

塾での先月からの復習プリントが、頭の中を整理整頓したようだ。

反応がいい。

あとはまだ完全にほぐれていない英語。

残りの冬季講習は、引き続き英語の文法に取り組むこと。

これを乗り切れば、あとはTK次第の単語が残るのみ。)笑

明日から30日まで、中3の冬季講習が始まる。

期末テストに市内統一実力に岐阜テストが1月第2週に詰め込まれている。

何から手をつけようなど考えている暇はない。

何からやってもいい。

とにかく目の前の問題を解きまくれ!

まだ勝負は終わっていない、もちろん決まってもいない。



静和学院   http://seiwagakuin.com


あほなことぬかすな。

冬季講習の忙しさにかまけて、更新を怠っている。

反省すべきことだ。

先日、中3のとある生徒。

「先生、学校の友だちが、最後の期末は内申に関係ないって。」

「だれや、そんなあほなうやつは。」

「その子の親が、塾の先生で、その親が言ってたって。」

「そんなことは聞いたことございません。」

「その子はだから、期末の勉強しないって。」

「その子はしなければいい。あんたらはするべきでしょ。」

と、まぁ~、こんなやりとりがあった。

そんな間違った情報に振り回されるのもどうかだが、その友達はもっとやっかいだ。

ここ連日、中3は口々に受験に対して、悩み・不安を口にする。

そのたびに、今ままでやってきたことや、今の講師人の先輩が諭す。

「わたしなんか、最後までテストで定員に入ってなかったよ。それでも合格した」

おっしゃる通り。

悩んでも始まらない。変わりもしない。ただ毎日、勉強をするのみ。

そして断言しておく。

後期の期末試験もしっかり内申に反映される。

なんのために、中3だけ試験が早いと思っている。

受験に関しての舵取りは、あんたらの仕事やない

生徒はひたすらに、勉強に専念するべし。


静和学院  http://seiwagakuin.com

冬季2

今日で、静学生の学校の定期テストが全員終了する。

しかし、年明けに各中学校は実力テがある。

このままの流れで、突き進んでもらう。

今週から冬季講習のため、時間的に余裕がある。

社会や理科まで強制的にやらせる時間ができた。

そんな中1に数学の関数から英語のbe動詞&一般動詞の問題をやらせ、社会でしめくくる火曜日。

飛鳥から平安の一問一答形式のプリント。

忙しいように講師3人が動き回る。

質問、解説、採点、また質問質問。

濃密な時間が過ぎる。

それに押されるように、中3私立T中のSKは、数ⅠAのチャートを推し進める。

学校では使わないようだ。

しかし、塾では、チャートを頻繁に使わせる。

絶対値を含む不等式、方程式がテーマ。

終わったら、2次関数に突入させる予定だ。

自習机に鎮座しまするは、中3のお嬢のRS&YRKに男組のYSK&KZMの2組。

以前は3人の一人でも欠ければ、塾に現れることはなかったなぁ。

仲良しグループだったが、今は違う。

誰が欠けても来るようになった。

今日の最終便はお嬢さま2人。



101214_222555.jpg

とっくに曜日感覚などないさ

上の子ども、郁実が半日保育のため、昼過ぎに迎えに行く。

できる限り、子どもと顔を合わせる時間を捻出する。

来週の19日は、生徒には申し訳ないが、お休みをいただく。

子どもと約束をしていたので、自転車の補助輪なし練習に1日付き合う。

これが達成すると、鈴鹿でキッズバイクに一人で乗れるように。

ん~、乗れるといいけど。

子どもを迎えて、その帰りにオレは駅で降ろしてもらう。

そのまま塾へ向かう。

掃除機をかけて、机をアルコール除菌をして、珈琲メーカをセット。

小6のAMとMNKの今日の英語授業プリントを検討していると、AYKがやってくる。

「こんにちは~。」

明日から学期末テストである。

つかつかといつもの授業机に座ろうとするのをみて、

「AYK,最初から自習スペースで勉強してくれ。」

「???」

(一瞬不思議な顔をする。なんで授業日だよね?わ・た・し。)

「先生、今日は火曜日ですよね?」

「いいや、違だろ。げ・つ・よ・う」

「そうでした。)笑」

AYKの曜日感覚がないのだ。

3週間前から、週末返上で毎日塾へ通って来ている。

日曜日も塾にて朝から夜まですごすので、曜日感覚が失われていくのもとうぜんだ。



13日の今日から、塾は冬季講習の授業時間で動く。

終わり時間は、いつもより45分長い、22時です。

今日の月曜日は中3メインだ。

国立高専の英語の過去問をやっているYSKの長文解説をする。

穴埋め単語→文法→長文

めくるたびに難易度が増していく。

7割が合格ライン。

英語の勝負は前半の大問4まで。

長文は3題あるが、最後の長文はどの年度もバックグランドがないと少々きつい。

雑学とでもいいうのだろうか。

昨夜解説したのは、

「子どもの言語習得能力と親との関係」

とでもタイトルがつくのだろうか。

とにかくややこしい。

解説あと、YSKがぐったりしている。

致し方がない。それだけ、脳みそつかうわな。それでもがんばれ。

以下の写真は、昨夜の授業後の風景。

お嬢さん方の計算タイムトライアル!

全80問の中3範囲の計算問題ばっかり。

折り返しの40問の時点までの結果は

なんと、YRKがミス1でトップやん。

北高まっしぐらのHNK&RSを押さえた。

YRKは真ん中です。




拍手のクリックよろしくお願いします。


静和学院   http://seiwagakuin.com

復習の復讐

金曜日、

「宿題の答え合わせから。3、-8、-4、。」

中1の方程式の計算復習問題の一幕である。

全員が揃ってしっかり解いてきた。

しかし、分数や小数が含まれると精度が下がる。

移行のときの符号ミスも多々見られる。

「ミスした問題は、書き写して、別紙にやり直す。はじめるぞ!」

アスミ講師と2人がかりで、採点&解放のポイントなどをsばいていく。

簡単と思っていた計算問題からの手痛いしっぺ返しをくらったね、中1静学生のみんな。

冬休みはもう一度、しっかりとほころびを修正していきましょう。

もちろん今日も宿題を出します。


土曜日、午前中に面談をして、空き時間があったので、塾の周辺をブラブラ散歩。

「ブラ散」って言うらしいです。

生徒から聞いていた、すぐ近くの塾を探してみる。

しかしそんな塾が見当たらない。

オレの聞き間違えかな?

機会があれば、挨拶にいこうかな~ってさ。

塾へ戻ると、生徒がいる。

「早いな。」

中1のKRNと中2のMWの従姉妹ペアが勉強している。

「社会の世界地図のポイント教えて~。」

とは、中2のMW。

17単元(1単元に問題2ページ)

17単元で34ページで1サイクル。これを3サイクル。

どうやら学校の冬の宿題。

これに取り組み始めた。授業でも時間を割くが、それ以外でやらないと・・・。

恐ろしい仕返しを学校からくらうぞ。

基本の徹底定着のつもりで、ルーズリーフ1枚に1単元。やるしかない。


土曜日の午後から、中3の受験生もぞろぞろ顔をそろえる。

「先生、過去問下さい。」

「そこに置いてあるからもっていけ。できたら提出。」

「先生、これなんですけど~。」

受験生からの注文が矢継ぎ早に飛んでくる。

「注文の多い料理店」

わけもなく思い浮かんだ。)恥

午後の自習に顔を見ていない中3を夜は向かえ、受験勉強が土曜の夜、塾の教室を支配していった。




今週の日曜日も塾の自習室は開放している。

オレは、あさっての火曜からの2学期期末テスト私立S中1のAYKに時間を割いていく。

ここまで大半を本人に任せてきた。

どこまで到達してるのか、確認していく。

国語は

故事成語・百人一首の確認から。

百人一首を口頭試験をして、音読させる。

「声に出すこと。」

教室内に奏でられるリズム。

受験勉強の中3のお嬢さん方は一向に気にしてはいない。

当たり前だ。

勉強しているときに奏でられる音やリズム。

これは耳障りにはなりはしない。

むしろプレッシャーがかかる音だ。

中1のAYKの勉強姿勢が、中3へ圧をかける。

「負けられない。」

中3の緩みかけた気持ちが、今一度引き締まった瞬間だった。

まだまだ10時間を越える勉強に完全燃焼できない中3が多い。

それでも、塾の教室に居座り続けることはできるようにはなった。

AYKは国語終わると、英語へ舵を切る。

「先生、単語お願いします。」

日曜日、塾を最初から最後まで支配したのは中1のAYKだった。

拍手のクリック、よろしくお願いします。

重ねて、ホームページも見てくださいprz




静和学院

http://seiwagakuin.com


突き刺さる寒さ 突きつけられる宿題

急に冷え込んだように感じる。

空を覆う曇天。

今月が見られるかもしれないね。

塾に入り、上着も脱がずにストーブをつける。

少しの間、そのまま離れられない。



木曜日、中2の割合が多い。

数学は「合同証明」

英語は「比較」

ここまでは年内に終わらせる。

「先生~、冬休みの宿題が○○究の習ったとこまで全部3回ずつです。」

「そっか、コツコツやってな。」

「それだけ?先生聞いてください。何ページあると思います?」

「知らんよ。」

「数学は少なくとも90ページです。」

「そっか。」

「1回分で90ページです。つまり本当に3回なら×3の270ページです。」

「・・・。お・お・い・な。全教科?」

「と、言われました。まだ正式発表じゃないんで。」

「ん~~~~、5教科でいったいどれだけに。」

バラバラ

中3のH中のお嬢さん方には、明日の英語の課題テスト勉強を指示する。

単元は「関係代名詞」。

特に目的格の関係代名詞については、しっかりと。

次に、K中の男どもには、私立受験校の過去問を。

国語と理科

「採点はするから声かけて。」

そして、単願受験の生徒には、数学の大問1を集めたプリントをさせる。

受験シーズンのいつもの風景である。

そんな水曜日、丹羽講師が見てくれていた中2が帰り際にぼそり。

「先生の対応が違う。きっつ~。」

あたりまえだ。

思えらも年明けたら受験生と同じだ。

火曜日の激戦

中1は激戦である。

先週、まとめの宿題をして発覚した脆弱さ。

いつものテキストの問題ならできる。

しかし違うテキストから出した復習問題プリント。

結果は、空欄の多さ、びつくりドンキー

あまりの出来ばえに、授業をストップした前回の授業。

「宿題の数学と英語のプリントを解説する。今日も同じプリントを宿題とする。」

そんな前回からの今日の授業。

英語は宿題にて文法の脆弱さを補う。

今日は学校の本文を推し進める。

「各セクションの単語→本文暗記だ。テストするさいは、一声かけるように。」

中1に指示を飛ばす。



静寂

授業、しかし教室に響くのは、ペンの音のみ。

中3が一斉に過去問の社会を解いている。

中1・2の兄妹のTKMとIRHがその中に取り込まれていく。

さすがにこの雰囲気、口を開くことさえはばかられる。

丹羽先生にTKMとIRH担当してもらう。

オレは、明日から2学期期末のSKの数Ⅰの質問をうけつける。

社会の過去問が終わり次第、K中の生徒には、明日の実テの勉強をさせる。

K中は12月にも実テがある。

これは市内統一ではない。

学校側の判断なのだろう。

9月から10月と上がった。

10月から11月と上がった。

志望する約束の地への挑戦権は得た。

あとは、突き進む、ただそれだけだ。

信じよう、今やっていることを。


中1のKRNが先週末に終えた、後期中間を持参。

「先生、見る見る~~。結果。」

「おう、ニヤニヤしないで持ってこい。」

「なんと数学学年トップでした

お・み・ご・と



日曜日も受験生

記録が全部吹っ飛んだ

好き勝手に書いてきたものだが、がっくりだ。

まったくの自分の不注意です。

しかし今日から、またしっかりと書きます。


12月の最初の週末です。

中3の受験生には、塾開放と伝えてある。

H中の3人のお嬢さん方には、社会と英語の毎日の課題がある。

K中の男組は、数学と英語の復習がある。

このあたりは、レギュラーだ。

来ることは疑わない。

日曜日の自習・自楽をしっかり。


静学生3の私立高校受験校が、今日すべて確認

がんばりましょう。

がんばります。




静和学院  

ホームページ  http://seiwagakuin.com


SEIWAGAKUIN RANKING

FC2Blog Ranking

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
静和学院